ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マカロンとマドレーヌ、そしてキッシュ

今年の、そしてドイツからの、最後の旅行は
オットが行きたいと言っていたルクセンブルグと、
私が行ってみたいと思っていたフランスのナンシーをまわる
2泊3日の小旅行にしました。

知っての通り、オットはいつも運転を頑張ってくれています。
どうやらGPSの記録で自分の走った距離と地域が広がることに、喜びを感じているようなので、
まだ行っていない場所への軌跡は嬉しいよう。
ルクセンブルクへは車で3時間弱くらい。

そこから遠くない、
マカロンの発祥地ナンシーと、その近くにあるマドレーヌ発祥地コメルシー村へは、
ルクセンブルグからは車で1時間くらい。
目的は、お菓子を食べること(笑)
以前行ったバカラ村と同じフランスのロレーヌ地方。

マカロン発祥のナンシーは、
アールヌーボーもロココも花開いた地域でもあるので、
美術館も見ごたえがあるし、レストランの内装も素敵。
町にもそれらしき建築物やデティールが多く見られるので、散歩も楽しい!
e0128393_1284813.jpge0128393_1292031.jpge0128393_1294638.jpge0128393_1301093.jpge0128393_1311458.jpge0128393_1314225.jpg























































マカロンの原型はこんなの↓(賞味期限10日間)
e0128393_1323574.jpg


















見かけは素朴ながら、アーモンド粉がヨーロッパな感じで、力強い味。
外はサクッとしてるけど、中は子供もびっくりするほどモチモチ~。
薄紙に貼り付けて焼いているので、その紙からはがして食べます。
マカロンパリジャンと呼ばれている、パリのマカロンとは全く別物!

K子さんに教えてもらった、ここのお菓子屋さん、
私がイメージするヨーロッパの古いお菓子屋さんそのもので嬉しくなりました。
懐かしい感じの沢山のお菓子と内装、お店の上品なおばあさん。
私たちが日本の人だとわかると、娘さんとおぼしき人と一緒に嬉しそうに「サヨナーラ」と何度も言ってました(笑)
e0128393_1335562.jpge0128393_1342286.jpg


















映画のアメリで使われたという四角いお菓子缶は、
ベルガモット・ド・ナンシーというロレーヌ地方のキャンデーがギッシリ。
e0128393_147067.jpg



















マドレーヌ発祥のコメルシー村は、
マドレーヌ以外は特に何もない小さな小さな村でした。
今ではマドレーヌを直営販売しているところは2カ所のみだそう。
対照的な雰囲気の2カ所だけど、
マドレーヌが入っている木箱がどれもこれも可愛いのと、
どちらもしっとり美味しいのは、共通点!
e0128393_1161926.jpge0128393_1164891.jpge0128393_117485.jpg

































特に、駅近くにあるGROJEANの、
マドレーヌ1コ用(!)のミニ木箱のかわいさに釘付け。
e0128393_1442215.jpg














車専用道路近くのZinsは、
ミラベル(ここロレーヌ地方のすもものような果物)入りのマドレーヌや
チョコがけなどなど、種類が豊富。
ここは広くて、工場併設のマドレーヌだらけのスーパー(?)といった感じ。
ワインなどとかごに入れてラッピングを希望するお客さんが沢山いたけど、
新年の挨拶用なのかな???
箱買いする地元の人の姿も。
日本のお正月にミカンを買う感覚なのかな???(違う?)
e0128393_1232849.jpge0128393_1262289.jpg




















そうそう、たまたまカフェで食べたキッシュ・ド・ロレーヌが美味しくてびっくり。
茶碗蒸しのようなプリンのような柔~らかい作り。
いつも食べてるものとは全く違いました。
e0128393_1381296.jpg


















ロレーヌ地方は、美味しいものが沢山!
最後は食いしん坊に徹した旅になりました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-31 01:39 | ○フランスへ

クリスマスの朝

子供達の弾むような大きな笑い声で目覚めた朝は、
かなり幸せな気分になりました。

かなり書き殴りのサンタさんへのお手紙ですが、
こんなことを書いていたムスメのところにも、ちゃんとサンタさんがやってきて、
プレゼントを置いていったようです(笑)

「ぷれぜんと いらない。
    そのぶん おしごとやすんで。」

e0128393_19184984.jpge0128393_19191235.jpg





























私からは、いつぞやクリスマスに子供にあげれるようにと言っていた
ザビエッテンクラフトした大きな木箱に、お菓子を詰めてプレゼント。
間に合って良かった・・・
二人が大好きな柄を選んで、
横にはそれぞれの名前をアルファベットをチョキチョキして入れて作りました。
お菓子を食べてしまったら、ここに写真やら手紙やらいろんなものを詰めて
大切に保管しようね、というメッセージ付き。
そう、これは「ドイツの思い出箱」だったのでした。
e0128393_2218690.jpge0128393_22182579.jpg

































フローエ バイナハテン!!!
優しい気持ちで過ごせますように☆
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-25 19:20 | クリスマスのこと

ドレスデンのクリスマスマルクト

e0128393_18373981.jpg

ほとんどの町のクリスマスマルクトは、22日くらいで終わってしまいますが、
ドレスデンでは24日までやっていると知り、
23日から1泊する予定で、車を飛ばして(もらって)行ってみました。
チェコやポーランドの国境近く。
車で5時間くらい。
雪道で霧多し、で、かなり運転しにくかった様子。
今年最後のクリスマスマルクトです。

3大クリスマスマーケットのひとつであるドレスデンは
世界最古のものとして有名なだけあって、派手さはないけど、
古い建物が寒空にマッチして、これぞヨーロッパ!という雰囲気。
15世紀から続いてるらしいんです。
街の中心あたりはかなり現代的な建物や店が沢山だったけど・・・。
e0128393_1840553.jpge0128393_18403023.jpg



















クリスマスマルクトも7、8つくらいあって、広い規模で開催されてるので、
全部回るのは、けっこう大変。
ひとつひとつ見ていくと、
100年やってる昔ながらのお店や、
頑固そうで寡黙そうなおじいさんの木のおもちゃ屋台など沢山あり、
かなり好きな雰囲気でした。
ベルリンの老舗スリッパやさんの屋台もありました。

ドレスデンと言えば、シュトーレン発祥の地。
お店も沢山あり、どれを選んだらいいのか迷います。
(高速道路の休憩所では、日本のクリスマスケーキと同じで半額売りになってました)
ドレスナーシュトーレンとどれにでも簡単に名乗れるのではないそう。
クリスマスのシュトーレン祭りに出品した証の黄金色のシール。
e0128393_18421476.jpge0128393_1842439.jpge0128393_18431192.jpg

































近くには木のおもちゃの産地であるザイフェンという町があるためか
木の工芸品の屋台が沢山あり、ここでドイツの思い出にとか、
ムスメとムスコに似ているからとか、いろいろ理由を付けて(笑)、
初めて自分のために、木の人形をいくつか買いました。
マッチ箱の中や、胡桃の殻の中に小さな人形が入っている飾りも、とってもかわいい。
e0128393_18442663.jpge0128393_18445291.jpg



















木造の屋台と屋台との間の隙間にも、良く見るとこんなかわいこちゃんが。
e0128393_18463584.jpge0128393_18465380.jpg



















寒くてたまたま買った焼きりんごが、想像以上に美味しくて、
e0128393_18475362.jpg














これまた沢山お店があるポーランド食器の屋台で、
焼きりんご用の器(林檎の形で蓋付き、そのまま丸ごとオーブンで焼けるもの)を探してしまいました。
在庫がなく残念・・・。
今住んでいる町の日本人にも人気のポーランド食器。
ポーランド側とドイツ側の両方に窯があり、窯元によって柄が違います。
ドレスデンでは、ドイツ側の窯元のお店しか見つけられませんでした。
私の好みはポーランド側の窯元だったので、これまた残念。
どちらも素朴な味わい。
e0128393_18484725.jpge0128393_1849854.jpg



















ドレスデンのマルクトの規模は大きいので、グリューバインのオリジナルマグカップも数え切れないくらい沢山。
その中でも、気に入ったこの柄のガラスのカップを持ち帰りました。
ちょっとお間抜けなサンタさんの柄。
もっと素敵な柄も沢山ありますよ(笑)
e0128393_18502220.jpg















もうクリスマスイブだからなのか、陽気なドイツ人の姿も沢山見られました(笑)
みんな楽しそう。

そうそう、帰り際に、
ドイツで最初に練乳を販売した、世界一美しいミルクやさんと認定されている
「モルケライ・プフント」というお店で、1ユーロのフレッシュミルクを飲んで帰りました。
店内はタイル張りで本当に美しかったのですが、撮影禁止・・・。
(リンク先のHPで見てね。店名をクリック☆)
e0128393_1912879.jpg




















ドイツ生活最後のクリスマスマルクトの締めにふさわしい、
歴史あるドレスデンのクリスマス、良い思い出になりました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-25 18:55 | クリスマスのこと

フルーツポンチとドイツのゼリー

フルーツポンチと言うと、なにやら懐かし〜い響きですが、
子供心に「ザ・楽しいパーティー!」のイメージがあって
子供が生まれてしばらくしたある日、キラキラしたガラスの専用の器を見た途端、
ついフラフラッと通販で買っていました。
もろもろの事情でなかなか使えなかった容器だったので、
今回、なんと買ってから5年以上たっての初使用(笑)。

フルーツポンチは、子供16人と大人7人の胃袋に収まるくらいたっぷり作りスタンバイ。
コレに合わせて果物をまあるくくり抜く用のスプーンみたいな器具も準備。
子供たちに「美味しい☆」と何度もおかわりを要求されて、
ドイツで嬉しいデビューを飾ることが出来ました♪パチパチ
e0128393_7572420.jpge0128393_7574947.jpg



















クリスマスっぽくキラキラなイメージの赤と緑のいろどりにと、
粉を溶かすだけの簡単ゼリーで星形を。。。と思ったけど、
ドイツのゼリー、酸っぱくてびっくり!
さっすがグミでも酸っぱいのが普通に売ってるだけあります。
さらに、固さもなくふにゃふにゃで、星型で抜けませんでした〜。
色とのどごしは、フルーツポンチにはぴったりだったので
酸っぱさはアクセントということで、クラッシュゼリーにして入れました。
ドイツのゼリーって酸っぱいんだそう。
しかも赤はイチゴ味じゃなくてラズベリー(酸っぱ!)
お気を付けください(笑)

フルーツポンチは、やっぱり夏がいいかもね!とみんなの意見が一致したところで、
窓を見ると今日もまた雪がじゃんじゃん降っていました。

おまけ。
ドイツの雪はサラサラすぎて雪だるまが作れませーん。
子供たち四苦八苦していました。
良い方法あるのかな???

おまけのおまけ。
夏に採った貝殻をバケツに入れて放置してたら
貝殻氷が出来ていました。
e0128393_7584882.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-22 07:59 | 食べ物、飲み物のこと

ご褒美の1ヶ月

e0128393_6523116.jpg














冬休みに入った途端に、
雪がじゃんじゃん降ってきました。
クリスマス会の最中だったので、子供たち大喜び。
しばらく、しんしん降り続きました。
今朝起きても真っ白。
気温マイナス11℃!
ついに来ました−。
こうなると、顔がピリピリ痛くて、
着れるだけ着ぶくれても、外を歩くのも大変。

実は、今日、ドイツ生活にピリオドを打つ予定でした。
・・・ですが、数日前に突然1ヶ月延びました(驚!)
周囲の方を混乱させてしまって申し訳なく思います。
でも、この1ヶ月間は、私たちへの多分・・・いえ、きっとご褒美。
私もムスコもムスメも、少しでも長く居られたらいいな、と思っていたので
正直嬉しい気持ちでいっぱい。

心の準備も、引っ越し準備も、まだ全然できていなかったので、
あと1ヶ月は、それらの準備に備えつつ、
ドイツでの限りある時間を、大切に過ごしたいと思います。

もうすぐクリスマス。
もうすぐ新年。
みんなが健康で元気に過ごせますように。

いろんなことに振り回されているし、
日本からの引っ越しを思い出すと恐ろしい気もするし~(苦笑)ですが、
あと1ヶ月のドイツ生活、
どうか最後までよろしくお付き合いくださいませ☆

なかったはずのドイツでの冬休み、
どのように過ごそうか、只今思案中・・・。
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-20 06:55 | ごあいさつ

小さなクリスマスマルクト2つ

週末あたりからキーーーンとマイナス気温の寒さがやってきました。
手袋と帽子とブーツ(とヒートテックbyユニクロ)必須!
昨日今日とちょっと風邪気味でゴボゴボしていましたが、もう大丈夫。

ドイツのクリスマスマルクトは、3大マルクトで有名な大きな町だけでなく、
本当に小さな町でもあります。
小さなところは、盆踊りのようなノリでしょうか?(うーん、ちょっと違うか?)
それぞれに、それぞれの良さがあり、マルクト巡りは本当に楽しい♪
これがないとドイツの寒さと暗さは乗り切れません!

第3アドヴェントも済んで
いよいよクリスマスマルクトも来週で終わり。
これから、または来年以降に行かれる方に、少しでも参考になれば☆

■クロンベルグのクリスマスマルクト。
車で20分くらい。
年に1回の週末しか開催されない、小さなマルクト。
町内会でやってるような(?)感じでのんびり。
e0128393_6525427.jpg














お友達家族に偶然会ったら、
シュークリームの屋台があるよーと教えてもらいました。
ドイツでは見かけないシュークリーム!!!
1年半以上ぶり(ドイツに来て初めて)に食べて幸せ気分になりましたよ♪
手作り感たっぷり。注文してからクリームをはさみ、粉砂糖をかけてくれます。
e0128393_6535074.jpge0128393_654122.jpg



















意外とドイツでは当たり前ではないバウムクーヘン。
チョコがけ1口サイズもありました。
e0128393_655089.jpg














かわいらしいお店も点在する場所なので、
屋台の小物もかわいい。
e0128393_6571494.jpg




















■バッドホーンブルグのクリスマスマルクト
車で30分くらい。
週末のみの開催。
小さなお城の周りに屋台が出ます。
蒸気機関車が子供用に走っていて人気。
日本でも人気のポーランド食器の屋台も出ています。
なーによりも「焼きサバ」が売ってることでも有名(日本人の間では)!
これを食べるのを目的に、うちはちゃっかり醤油とおにぎりを持参して
夕飯にしました。うーーんサイコー♪(笑)
テーブルのとなりには、知り合い家族が、やはり焼きサバをつっついていました。
醤油はなかったようだけど〜。
本当はサワークリームソース(ハーブ入り)をつけて食べるみたい。(←コレもまぁまぁ美味しい)
ドイツの人もけっこう食べていました(驚)
残念なことにカメラを忘れてしまったので、映像がなくて残念!!!
30センチ以上はあるかと思えるサバに1センチくらいの太い棒を通し、
炭の周りにズラリ並べて挿して焼いています。
囲炉裏状態(笑)和テイスト!
あ〜写真がなくてごめんなさい。
焼きサバ、おすすめです☆
子供たちもモリモリ食べていましたよ。

それでは、風邪などひかないように気をつけて、
師走と冬を乗り切ってくださいね〜
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-15 06:57 | クリスマスのこと

中世のお城のマルクト

ロンネブルグという町のお城のマルクト。
車で1時間弱くらい。
お城の中は中世そのままな感じで、タイムスリップしたみたい。
マルクトに訪れる人もマントを羽織ったり、ドレスを着たり、剣を持ったりと
なりきって楽しんでいます。
e0128393_6395520.jpge0128393_6401886.jpge0128393_6405881.jpge0128393_641204.jpg





































売ってる物も剣や盾や鎧、石の器や鉄の首飾りなどなど・・・
他のマルクトとはあまりにも違いました。
子供達も楽しんでいましたが、
私も映画の世界に入っちゃったみたいで楽しかった!
e0128393_642941.jpge0128393_6423372.jpg



















子供たちには、3個で1ユーロの石と、1ユーロの巾着袋を選ばせて買ってあげたら、
「ただの石じゃない!宝石を買ってもらった!」と喜んでいました(笑)
ムスコはそれらしく、ビロードで出来た巾着を選んでいましたよ。
また、中世の格好をしたおばあちゃんが作ってた素朴な飴の制作工程を凝視。
最後に出来たてほっかほかの温かい飴をもらえたのが、一番嬉しかったらしい〜。
うーん、ほのかに感じるアニス風味。こうして子供の頃からアニスに慣れるのか〜・・・
でも、美味しかった〜。
ニコラウスまで現れて、チョコをもらい大満足。
入場料払っただけあって、子供は楽しめます!(入場料は家族で13ユーロでした)
e0128393_7185098.jpge0128393_7191117.jpg



















寒かったので、毛皮をまとった人も多数。
きつねの足がぶら下がってる!?と思ったら、なんと帽子(驚)
e0128393_643206.jpge0128393_6482197.jpg



















このクレープみたいなのに、カッテージチーズとオニオンが入った食べ物、
美味しかった!
e0128393_644063.jpg



















外では焚き火。
お城の夜は更けていくのでした〜
e0128393_6444122.jpg



















駐車場までは灯り一つもないまっくら道なので、懐中電灯必須!
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-14 06:45 | クリスマスのこと

シュトーレン作り

ドイツのクリスマス時期には欠かすことの出来ないシュトーレン。
ナッツやドライフルーツが沢山入ったパンみたいなもの。
アドベント時期に作って、毎日薄く切って少しずついただくそう。
日本のおせち料理のように、日持ちがします。

今回はそのシュトーレンを、ドイツの方に教えていただきました。
料理ベタでお菓子作り初心者な私でも、作ることが出来ました!
コツは、
いろんなスパイスや柑橘類の擦った皮を入れること、
森の蜂蜜とクヴァルク(ドイツのクリームチーズ)たっぷり入れること、
粉は2種類使うということ、
バニラは粉(日本にもあるのかな?)を使うこと、
仕上げの粉砂糖はブラウンシュガーを自分で粉末にして使うこと、かな。
作っている途中はアートしてて楽しい〜
e0128393_1735272.jpge0128393_17353370.jpge0128393_1736820.jpge0128393_17363064.jpg





































最後は、溶かしバターをかけて、粉砂糖をかけるのですが、
子供のお迎えがあったので、この作業は友人にお願いしちゃいました。
こんがり焼けて、また手元へ戻っておいで~と、去り、
e0128393_17415756.jpg















こんな姿で戻ってきてくれました♪
焼けて、ややビッグサイズに。
どどーん。
e0128393_17384943.jpg


















シュトーレンの歴史は古く、
その形はキリストが赤ちゃんの時の姿とか、枕だとか、いろいろ言われています。
今では様々がアレンジがなされて、様々な味があるらしいです。

シュトーレンは作った日には食べず、
だいたい翌日から3週間くらいが食べ頃みたい。
翌日に友人が食べたら美味しかったよと言うので、それならばと早速食べてみると・・・
え~っ!お、美味しいじゃないっ!!!
みんなが口を揃えて言うように、珈琲に合う!合う!と驚きました。
なんで驚いたかというと、
あのその、実は私・・・正直言って・・・シュトーレンがあのその・・・あまり好きではなかったのです(小声)
ですが、美味しかった!(きっぱり)
同じ日に友人から、美味しいケーキやさんのシュトーレンをいただき、
こちらも美味しかったんです。
単純なことに、1日にしてシュトーレンが好きになりました。
もしかして、味覚がドイツ化したのか!?(笑)
作って日を置かないものが好みなのか!?どうかわからないけど、
シュトーレンにもいろいろあるんだなぁー、
自分好みのシュトーレンを自分で焼けるようになりたいなぁーと、思った1日でした。
あ、ムスコはラムレーズンを全てほじって残していました・・・。
ムスメも苦手そうだったので、子供向けではないのかも〜
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-12 17:44 | パン作り、お菓子作り

アムステルダムと、ユトレヒト

e0128393_845296.jpg

初めてのオランダは、雨。
小さい頃見てたテレビ番組「家族対抗歌合戦」のエンディングで必ず流れてた
♪KLMオランダ航空で行く、オランダの旅~というフレーズと、
色とりどりのチューリップの広大な畑と、風車の映像が、
今までの私のオランダ。(年齢バレるけど)
実際に行ってみると、思ってたイメージとは違っていて、
運河が沢山流れる、統一感のあるシックな町並みは美しく、
自由な空気と、アンティークを日常に使いこなす柔軟な雰囲気。
ゴージャスでも正統派でもなく、なんというか・・・
こんなイメージ↓(わかりにくい?)
e0128393_9142691.jpg















そしてそして、自転車がものすごーく多い!!!
e0128393_846987.jpg














水が流れる町は、日が暮れるとイルミネーションが倍になって、キラキラとっても綺麗。
船で散策も楽しめます。
運河に浮かぶボートハウスには子供達も興味津々。
e0128393_8465551.jpg














クロケット(コロッケ)美味しかった!(美味しそうに写ってないけど・・・)
車の休憩所にも、温かいクロケットが食べられる自販機がありました。
移動中でも、ホカホカのものが食べられて嬉しい♪(だいたい冷えたサンドイッチだから・・・)
e0128393_8472841.jpge0128393_8475453.jpg



















屋台にはこんな焼き菓子もあり、
たこ焼きが食べたくなりました(笑)
e0128393_8495384.jpg














むかしの木靴。
e0128393_8502872.jpg
e0128393_8505880.jpg

































ブランドものなどはあまり見かけないカジュアルな町には、
アンティークを扱う店が沢山あって、
普通のクリーニングやさんにもユーズドの雑貨が置いてあったり、面白い町!
手芸屋さんも、懐かしいような雰囲気だし。
e0128393_852123.jpg















友人おすすめのスーパーHEMA。
オリジナルグッズもカタログの写真も可愛い!
e0128393_8545550.jpge0128393_8551516.jpg



















スーパーチェーン店のah(アルバートハイン)がオリジナル展開している
ポップでキッチュでチープな雑貨類もかわいかったし、
HEMA近くのデパートの地下のインテリアショップも好みでした。
e0128393_8563512.jpge0128393_8565993.jpg



















忘れちゃいけない、ゴッホ。
e0128393_93211.jpg



















ゴッホ美術館はこのとおり、大変な混雑で入れず・・・
e0128393_932520.jpg















少し離れたユトレヒトという小さな町にある、ミッフィーのミュージアムには、
子供たち、大喜び。
e0128393_8582194.jpge0128393_858517.jpg



















イスもこのとおり。かわいい〜。
e0128393_901496.jpg














オランダは想像以上に、素敵なところでした。
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-12 09:07 | ○オランダへ

カメラマルクト

e0128393_6431617.jpg

車で40分くらいの小さな町にある、カメラマルクトへ行ってみました。
ちょっとマニアな香りのする、このカメラマルクトへ行くきっかけになったのは、
友人の虹種ちゃんが日本で、
ローライ35というカメラを購入したという話を聞いたことが始まり。
これはドイツ製の古いカメラだということと、
ルックスもかっこいいな、と思って気になり、
ドイツに在住していた、古いカメラ好きのオットの友人に聞いてみたところ、
今回のカメラマルクトを教えていただきました。
一緒に行ってくれると言ってくれてたのに、残念ながら帰国されてしまったので、
カメラド素人の私たちだけで勇気を出して(?)、子連れで行ってみました。

まず目に飛び込んできた、おじさんの山に、少々ひるみましたが、いざ!
e0128393_6442232.jpg


















カメラ好きは、車好きなのか、駐車場も変わった古い車ばかり。
見たことない古いカメラは、見てるだけでも面白かった☆
おじさんたちは、みんな真剣に吟味していました。
e0128393_645666.jpge0128393_6452523.jpge0128393_70257.jpg

































ミッキーのカメラ発見☆(嬉)
e0128393_6463491.jpg



















ローライ35もあったけど、
自分には使いこなせないような気がしたので(家族一同頷く)
今回は飾り用に!と割り切ることにしました。
飾ることだけ想定したカメラは、どれも10ユーロ程度。
手のひらに乗るミニサイズを2つと、BOYという変わったルックスのもの。
e0128393_6471194.jpge0128393_6473581.jpg



















ムスコに、
「ママは1度も店のおじさんに、使い方を聞かなかったね」とチェックが入りました。
うーん、飾り用だから、ね(苦笑)
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-02 06:48 | 日帰りでお出かけ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧