ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スイスの小さな家と牛渋滞。

e0128393_5285212.jpg

宿泊したグリンデルバルドという
山の麓の周辺を散歩すると、
スイスならではの可愛らしい家や、ひつじややぎ、牛を
近くで見ることができます。
スイスの家は木造で、外側の木枠に彫り模様がほどこされていて可愛い。
どこまでも地面は緑色の草絨毯で、
山々との素敵なハーモニーも絵になる感じ。
カウベルという牛の首輪につけているベルを飾りにしてる家も。
地元のおばあちゃんのお散歩も、なんだか良い感じ。
e0128393_5303392.jpg













e0128393_5312492.jpge0128393_5315119.jpge0128393_5321713.jpge0128393_5325196.jpge0128393_5332157.jpg



















































このカウベルの音色がカラーンコローンと
山景色に響き渡る様子が、なんとものどかで好印象。

ロープウエイや、ねじれてる滝や、スライダーなどあり、
子供もけっこう楽しめます。
スライダーは山々の合間を縫って滑るのでスリル満点。
e0128393_5345581.jpg


















これに乗ってシューッと滑ります。
e0128393_5353122.jpg














突如現れたスライダーの人形看板にびっくり(笑)
e0128393_5362065.jpg














村の道で、渋滞してるなーと思ったら、牛!でした。
散歩コースを外れて道路に出てきちゃったみたい。
牛飼いがあわてていました。
スイスの村っぽくて、楽しい出来事でした。
e0128393_20345173.jpg














この村のレストランのランチョンマットも山の地図。
お皿にはエーデルワイスの花の模様。
ゴハンが来るまでぼーっと眺めます。
e0128393_544238.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-31 05:37 | ○スイスへ

スイスアルプスでソリ

e0128393_1651397.jpg














ドイツは4連休だったので、
この間通りすがりにしか見れなかったアルプスの山に、
今回はグイッと入り込んでみました。
車で5時間くらい。

目指すはユングフラウヨッホという山。
世界で一番高い場所に日本のポストがあることでも有名な場所。
登山電車の窓から見える山々の景色は素晴らしい!
e0128393_1652152.jpg














途中、宿泊したホテルでは半袖でも暑かったのに、
登山電車で2時間も登ると
どんどん、どんどん、雪が増えていき、
しんしん、しんしん、寒くなっていきました。
e0128393_165258100.jpg


















もう、ここは真冬・・・。
子供たちは寒さに泣きそうに。
外に出ると壮大な山々の景色と、強風と寒さと、スイス国旗とに、
山頂に到着したぞぉ〜な、登山家の気分になりました(笑)
e0128393_19541327.jpg














アイスパレスという氷だらけの場所もあり、
体の芯から冷えました・・・。
e0128393_178561.jpg


















少うーし下ると、風も弱く、
スノーディスクというソリや、犬ぞりが楽しめるところがあり、
子供たちは元気をとりもどしました。
スキーをしてる人や、歩いている人、お茶してる人、
みんな様々に楽しんでいました。
山々を見ながらの珈琲、美味しい!
穴(割れ目)注意!の標識。ビクビク・・・。
e0128393_16544810.jpg


















スノーディスク。
e0128393_1657687.jpg














私もトライしてみたけど、面白かった!(腹筋が痛くなったけど・・・)
e0128393_16581384.jpg


















犬ぞり。
犬は気分やさんなので、コースを外れたり、じゃれ合ったり。
みんな自分の番でコースを外されないかドキドキ。
犬たちは、本当に良く働いていました。
e0128393_16592928.jpg














オンシーズンなだけに、人も多かったけど・・・
こんなに雪遊びができるとは思いませんでした。
夏でもここは雪があるみたい。
行く方は、防寒対策しっかりね♪
(靴にも雪が入ってくるので、子供の替えの靴下必須!?)

眺めの良いレストランの紙ナプキンやレシートなど、
どれもこれも山のイラスト入りで嬉しい。
e0128393_1734043.jpg














とっても気持ち良い中腹の休憩所(クライネシャルディック)で、
小さなお土産やさんを覗いたり、
e0128393_17623100.jpg


















ハイキングしてる人を眺めたり、
子供たちは、山の絵を描き始めたり、
かなりのんびーり長居しました。
季節も良く、天気に恵まれたことに感謝。

お土産のデザインによく使われている、
エーデルワイスという高山植物の本物を見てみたかったです。
ちゃーんと登山靴を用意して
ハイキングがしてみたくなりました。

オマケ☆
本物の雪山をバックに、雪山ユングフラウヨッホのスノードーム。
e0128393_1791362.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-30 17:10 | ○スイスへ

シュパーゲルの皮むき

e0128393_665690.jpg














シュパーゲル(白アスパラ)の皮むきって結構大変な作業!
普通のピーラーだと持ち手が滑ってやりにくいなぁーと思っていた時に出会った、
シュパーゲルの皮むき専用ピーラー。
WMF(ドイツのキッチン道具のメーカー)で
セール価格で半額くらいだったので、
迷わず買ってみました。(5.8ユーロくらい)

あちらこちらに屋台のシュパーゲルやさんも出てきて、
かなり買いやすくなったので、
沢山買い込むことが多くなりました。
このシュパーゲル用のピーラーだと、皮むき作業がやりやす〜い!!!
挟んで押さえるので、
滑らずに、面白いようにしゅるしゅる剥けます。

その後見かけた屋台では、
皮むき機械が設置されているところもありました。
見てると、グォーンと、すごいいきおいで作動!
皮むきもあっという間に終了〜
シュパーゲルスープを作るときや、茹でるときなどに、
この皮を使うと良いダシ(?)が出るらしいので、
もちろん皮のお持ち帰りもできるそう。
(この機械、近所の店にもあればなぁ・・・)
e0128393_681261.jpg














それにしても、シュパーゲル本当に美味しい♪
子供たちも大好きです。
先っぽ部分(一番柔らかい)を取り合ってケンカも起こります・・・。

以前の日記で教えてもらった和風な味付け、美味しかったです。
オランディーソースよりも断然好きかも。
マヨネーズと醤油に七味少々も美味しい〜(一番手っ取り早いのでお気に入り)
近々天ぷらもしてみたいと思います。
素揚げも美味しいらしいです。
教えてくれた方々ありがとう!
あと1ヶ月くらいの間は、
思う存分楽しみたいと思います。
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-19 06:13 | 食べ物、飲み物のこと

パーティの人気者

e0128393_5432090.jpg














パーティで大人にも子供にも人気なのがコレ。
紙テープなんだけど、こんな感じでくっついて売られていて↑
切り込みでそっと外していき・・・
e0128393_5435216.jpg














外側を軽く持って、息を強く吹きかけると、
内側からからテープがしゅるしゅる〜っと
面白いように飛び出します。

楽しくって楽しくって
大人も子供もハマること間違いなし(笑)

日本では知らなかったけど、あるのかな???e0128393_5442394.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-19 05:46 | 子供のこと

キャンバスに絵を描く

e0128393_451426.jpg














子供たち二人に、大きなキャンバスに絵を描いてもらいました。
筆で絵の具を使うのがほとんど初めてなのと、
いままでにない大きさのキャンバスに、始めは四苦八苦。
外の気温もぐんぐん上昇してきます。
アイスを食べ食べ、休憩しつつ、
慣れてきたらけっこう楽しそうで、想像力も湧いてくるみたい。
e0128393_4515267.jpg














できあがりはこんな感じ。
もっとめちゃくちゃになるかな?と思ったけど
意外とまとめてくれました。
「エッフェル塔と虹と山とおうちとくるま」
e0128393_4523324.jpg














春の楽しい時間を凝縮したこの絵、
子供たちが大人になっても、ずっと飾っておきたいです。
おつかれさま〜。
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-19 04:54 | 子供のこと

ふわふわ欠乏症!?

e0128393_17331753.jpg














日本にいる時はそんなことなかったけど、
ドイツではなかなかお目にかかれない「ふわふわ」っとした口当たり、
それだけで幸せな気持ちになります。

ふわふわっとしたものの代表格のシフォンケーキが
無償に食べたくなって、
この間、母がドイツに遊びに来た時に、
大きなシフォンケーキの型を持ってきてもらいました。
作ったことないので(笑)、作り方の本も専用ナイフも一緒に!
e0128393_17343487.jpg


















母にとってはかなり迷惑なシロモノだったと思うけど、
これが、大変な思いをして持ってきてもらって大正解。
初心者の私でも簡単に美味しくできて、自画自賛です(笑)
初めて作った時は、「おぉ〜ふわふわだ〜」と、異常なまでに感動!
あまりケーキが好きじゃないウチの子やオットなども、パクパク食べてくれるので、
嬉しくて何度か作ってみました。
e0128393_17353730.jpg














ウチでムスコの誕生会をした時のバースデーケーキも、これをベースにしました。
この時は子供よりもママ達に好評。
どうやら子供たちは、ふわふわ欠乏症ではないらしい・・・
問題は、クリームなどでどう飾りつけても、真ん中の穴は隠せないこと。
これをどううまく処理するのかが、今後の課題かな〜
フルーツを詰めればいいのかな!?
板チョコをパカッと乗せちゃう!?(笑)
ちょっとキタナクなっちゃった(あわてて作成)けど・・・
e0128393_17375738.jpg














さらに調子に乗って、
持ち運びようのケースまで購入しました。
シフォンケーキ用じゃないけど、ちょうどいい♪
こんな風なケーキ持ち運び用のケースがいろいろあります。
ケーキだけでなく、おかず用の平たくて取っ手が付いてるケースなどもあって便利。
さすが、おウチに集まるのが好きなドイツって感じがします。
e0128393_17385359.jpg


















せっかく大きい型とケースを買ったので、
沢山の人と一緒にふわふわを共有したいです。
ふわふわ欠乏症の人、お知らせ下さい(笑)
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-12 17:42 | パン作り、お菓子作り

LIBECO HOMEのリネン

e0128393_7275095.jpg














ベルギーにはリベコというメーカーのリネンがあります。
リネンにもいろんなメーカーがあり、
厚さも大きさもデザインも価格も様々ですが、
ここのは、分厚くてしっかりしてて、なめらかで、使いやすい!
リネンが好きな私は、むかし日本で
このリベコのリネンシーツのモニターになったことがありますが、
本当に本当に気持ちがいい!

前回書いた、ベルギーの蚤の市の広場前の古いカフェのトイレの水道脇には、
お手拭き用に、大判のリネンふきんが下がっていました。
幾度かの洗濯を経て、くたくたになって、ところどころに穴まで!
それが、とても柔らかくて、水分を良く吸収してくれる!
ちょっとびっくりして、よーく見てみると、リベコのふきんでした。

使い捨てのペーパーではなくて、
こうやって毎日、上質で丈夫なふきんを大事に使っては、
洗濯をしてまた使うカフェの姿勢にも、
はっとさせられました。
穴開いても使ってる感じも、カフェの雰囲気にぴったり(笑)

その後、偶然にもリネン専門ショップを見かけたので、ふきんを購入。
決して安くはないものだけど、
このカフェのふきんのように、
我が家のキッチンで末長く、そして穴が開くまで(!)、
使いつくしたい気持ちです。
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-10 07:24 | お気に入り

蚤の市でベルギーレース

e0128393_5245551.jpg


















ベルギーでは、町中のいたるところにレースの店が沢山。
その店のおばあちゃんが作っていたり、機械だったりいろいろだけど、
どれを見ても繊細で美しい!

そんな繊細なレースも素敵だったけど、
私には、古くてちょっと無骨なレースの方が魅力的に映りました。
たまたまやってたブリュッセルのジュ・ド・バル広場の蚤の市で、
古いレースを専門に売ってるお店(スペース?)を見かけました。
甘すぎない可愛いレースが、えぇ!?っていうくらい安価。
山盛りの中、どれでも一枚1ユーロとか。
何に使うのか疑問のまま(笑)、10枚買いました。
少々、よれってたり、ほつれてたりしてますが・・・。
e0128393_5262967.jpg














街中のお店では、こういう色の付いた刺繍ものは見かけませんでした。
だいたい白かベージュオンリー。
これは珍しいテイスト!?
e0128393_5271484.jpg














私が寒さをこらえつつも嬉々して選んでる間、
オットと子供たちは目の前のカフェでお茶しててくれてました。
このカフェも、古くてなんだか良い雰囲気。
おじさんやおばさんも一人でお茶しながらくつろいでいました。
天井に帽子が沢山ぶら下がっててかわいい。
窓から蚤の市の様子も観察できるので、待つ人にはぴったり(笑)
e0128393_5313851.jpg


















ベルギー産の深緑のボウルと、お花のお皿も
しっかり値切って買いました。
どのお店の人たちもみんな親切!
e0128393_5344866.jpg
e0128393_5341885.jpg



























おまけ。
レース制作に使う道具。
こういう道具を使ってレースを編んでるんですね〜
町のレースやさんのショーウインドーで見られます。e0128393_53676.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-10 05:37 | ○ベルギーへ

ベルギーで食べる!

e0128393_5201150.jpg














ベルギーで有名なのは
ムール貝、ワッフル、チョコレート、ベルギービール・・・

むかーし、映画「地下鉄のザジ」を観てからというもの、
ベルギー名物「山盛りのムール貝を食べる」というのに、
ずっと憧れていました(笑)
特にストーリーのないこの映画だけど
主人公のザジという女の子が(パリで)山盛りのムール貝を
パクパク食べてるシーンがあって
私にとっては、なぜか強烈な印象。
いつかムール貝でお腹をいっぱいにしてみたい!
・・・そんな夢がかないました。
山盛りのフリット(フライドポテト)と共に。
現実は、めちゃくちゃ美味しい訳ではありませんでしたが・・・
e0128393_5215297.jpg














ザジのような写真が撮れました。
(映画のザジもこんな風に大人をびっくりさせるのです・苦笑)
e0128393_5251656.jpg














ベルギービールは、甘味があって大好き。
でも、選べないくらいの種類の多さにびっくり。
面白いカタチのグラスで飲む「kwakクワック」というのを飲んだら、
隣のカップルが正しい飲み方を教えてくれました。
木枠から外さず飲んでいくと「クワック、クワック」と音が鳴るんです。
(正確にはクークー!?かな?)
そんなことも知らずに木枠から無理矢理外して飲んでいたので、
かなりウケていました(恥)
e0128393_5261619.jpg


















日本でもよく飲んでいた白ビールを飲んだら、
東京の家の近所のベルギービールの店を思い出して懐かしくなってしまいました。
メガネかけていくと1杯サービスとかあったんです。
久しぶりに飲んだ白ビール、美味しかった〜
ドイツのビールとはやっぱり違います。
お土産用には手当たり次第いろんなものを買ってみたので、
帰宅後のお楽しみ。

ワッフルは屋台がそここにあって、大人気。
だいたい人がわーっと群がっています。
粉砂糖だけや、イチゴと生クリーム、チョコと生クリーム、と、いろいろ。
どっしりもちっとした不定形のリエージュワッフルよりも
個人的には軽くてサクッとした四角いワッフルが好みかも。
老舗お菓子店の「DANDOY」のワッフル美味しかった♪
e0128393_5283659.jpg


















本店のショップには古いお菓子型が沢山飾ってあって、
ステンドグラスのある年季の入った建物の作りも、素敵。
(本店にはワッフルの食べられるティールームなし。食べるなら支店で!)
e0128393_531215.jpg














そして、石を投げれば当たるくらい沢山あるショコラティエ!
こんなにあるの!?
そしてびっくりするくらい安い。(日本の価格と比べると)
有名どころと、そうでないところと買って食べてみたけど、
やっぱり有名店のショコラはすごいなぁーと、正直、思ってしまいました。
文句なく美味しい〜。
e0128393_5351345.jpg














有名でないひとつの店は、
マダムが一人でテキパキ取り仕切る小さな路地裏の店で、
そこのショコラはムスコが一人で作っているそう。
家族が支え合ってる空気が良かったです。
こういうところのは、素朴な普段のお菓子という感じ。
お店も素朴な雰囲気。
e0128393_5343362.jpg


















ベルギーの人にとっては、普段のものとプレゼント用と使い分けてるよう。
そのくらい身近なもの、普段の生活に当たり前にあるもの、なのかも。

蚤の市巡りの、めちゃくちゃ寒かった時に
暖を取るために買ったショコラショー(ホットチョコレート)も美味しかった!!!
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-08 05:35 | ○ベルギーへ

ベルギーは漫画の国

e0128393_458521.jpg














ベルギーで有名なのはTINTIN(タンタン)の漫画。
いろんな国を旅するストーリーと、かわいい男の子のイラストが好きです。
コマ割りと文字が細かいので、
子供というよりは、どっちかというと大人向けの漫画かな?
宿泊した部屋の壁にもタンタンのイラストがスタイリッシュに飾られていました。
e0128393_4591335.jpg














ベルギーのブリュッセルには漫画博物館もあり、
漫画が日常に溶け込んでる珍しい街。
タンタンだけでない、かわいい漫画イラストを
街の建物の一角に見ることができます。
e0128393_501562.jpge0128393_505413.jpg



















高架下の落書きも、なんだかみんな上手でびっくり!
街角の漫画探しも楽しい、ブリュッセルの街でした〜
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-08 05:01 | ○ベルギーへ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧