ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自転車散歩開始!

e0128393_1955848.jpg

クロッカスやムスカリの鉢が店頭に並びはじめると、
少し春に近づいた気がします。

寒さも少ーしだけゆるんだ日曜日、
熱々のミルクティーと動物ビスケットと毛布を持って、
自転車散歩を再開しました。
e0128393_19575981.jpg














いつも行ってた裏の公園でなく、
あまり行かなかった反対側の川沿いに行ってみると、
散歩コースと公園があり気持ちがいい!
奥の方に、冬だから(?)閉まっていたけど、小さなビアレストランも発見。

沢山いる鴨にエサをあげる人や、散歩やジョギングをする人がいっぱい。
寒さがゆるんできて、皆、外に出たくなったんでしょうねー。
老夫婦でも仲良く手をつないで散歩してる人がほとんど!
自然な感じで素敵でした。
e0128393_19562449.jpg














川はまだ凍ってたけど↓
小枝にはつぼみがひっそりとふくらみかけていました。
e0128393_1957646.jpg














子供達も自転車を止めて、ビスケットを鴨にあげたり、
凍ってる小川に小石を投げたりして遊んでいました。
久しぶりの自転車散歩に大喜び。
こういう散歩をしてゆったりと過ごす日曜日が、やっぱり一番好き。
これから、寒さ戻らず、どんどん暖かくなるといいなぁーと願うのでした。
e0128393_19584639.jpg














オットは「ビールが飲みたい」と一言(笑)
暖かくなって、見つけたビアレストランが開く頃に、また行きましょう。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-26 20:00 | 日帰りでお出かけ

アウトレット

e0128393_1943441.jpg














こちらに住み始めて、初めてのアウトレット「Wertheim Village」。
お店の数は140件くらいで、車で1時間くらい。
多分一番近いアウトレットなんだと思います。
3年前の旅行の際に姉と訪れたことがあり、
その時はシュタイフ(テディベアが有名なドイツのメーカー)の店で、
お土産を兼ねて、子供にぬいぐるみを買ったりしたけど、
今回は実用重視(笑)

目的としていたもの(ムスコムスメのフォーマルウエアだったんだけど・・・)は一切見つからず、
目的外の購入荷物がどーんどんどんどん、みるみーるうちに増えていきました(笑)
普段ものが少ない街に暮らしてるせいかどうなのかわかりませんが、
最近、買い物がとっても早くなりました。予定外のものでも即決。
子供の限界が来る前に、お買い物終了。

最後にお茶したカフェで、
「キンダー(子供)カプチーノ¥0 オーネカフェ(珈琲抜き)」とメニューにあったので
どんなの???と、二つ注文してみると、
見かけは大人のカプチーノと同じようなものが小さい紙コップに入って出てきました。
子供が喜んで飲むと「あれぇー泡だけーぇ」との声。
珈琲抜きのフォームミルクだけだったんですね(笑)
ドイツは子供サービスが必ずといいほどありますが、
アメリカンなこのカフェの、ドイツ風子供サービスは、これだったみたい。
気持ちが嬉しい。
e0128393_1944690.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-26 19:44 | 日帰りでお出かけ

空想パリ散歩

e0128393_1931529.jpg


















今日は久しぶりに激しい雨。

昨日、パリ好きだと発覚したKさんにパリ本を貸すために
棚から出して集めてみました。
どれだけ行きたいの!?っていうくらい、けっこうありました(笑)
これ以外にも雑誌や、日本に置いてきたものもあります。
パリに行きたい熱が再熱!
悲しいけど、こちらにいると日本のガイドブック類は、
もう簡単には手に入りません。

今日みたいに雨が降って暗ーい日は、これらを眺めて
バーチャルで散歩するだけで、陰鬱とした天気もなんのその。

「パリが好き」ってあんまり言うと、
オット(これからはこう呼ぼう)に嫌がられますが、
15年以上も好きが続いてる街なんて、そうそうないんだから、
自分の中だけででも「好きだーっ!」と叫んでもいいでしょうか!?(笑)
Kさんのように大好きだという人に出会うと、ついついハイテンションに。

しばらくは行けないとあきらめていた街だけど、
フランクフルトから車で6時間くらい、
特急電車で3時間50分で行くことが出来ます。
もう少し暖かくなったら行かせてください! と思いつつ、
今日は空想散歩。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-23 19:03 | お気に入り

デュッセルドルフで日本を楽しむ

e0128393_192825.jpg














ドイツのデュッセルドルフという街に、行きました。
ここは日本企業も多く、日本人の方も沢山住んでいて、
日系のお店がドイツで一番多く、日本を最も感じられる街。
車で2時間くらい。
e0128393_19301168.jpg


















かわいい看板やポスターも見かけたけど、
やっぱりここへ来たからには日本を楽しもうー!

インマーマン通りへ行くと、看板も日本語だったりで
ここは日本だったっけ?と思ってしまいました。
そこで、ヨーロッパ一美味しい!?と言われてるラーメンを食べました。
初めは「へ〜ラーメン?それよりもお寿司がいいなぁ」などと言ってた私。
んが、期待してなかったせいか?ドイツに住んでるせいか?とーっても美味しく感じて、
みんな無言で完食。夢中で写真も撮れず(笑)

ラーメンだけでも、かなり満足だったけど、
日本の本屋さんで、最新雑誌を「立ち読み」!
そうそうそう、こんなことしたかったのよね。
裏表紙を見ると2倍以上の値段の値札シール。
ムスメが欲しがった子供雑誌500円が、約1500円だったので、
これは・・・あきらめてもらいました。

そして、偶然立ち寄ったMUJI(無印良品)。
日本で長年使っていたカレンダーがここのだったので、
同じものが買えて嬉しかった〜。
家族の予定を書き込みやすいシンプルなもの。
きちんとドイツの休日シールが付いていました。
日本の無印良品と同じ空間で、なんだかホッ。
レジのドイツ人のお姉さんが恐ろしく作業が遅かったので、ドイツを感じたけど(笑)
日本の値札シールそのままの商品がほとんどの中、
値札が英語のみの、ロンドンMUJI製商品も少しありました。
日本でも売ってるのかしら?
モダンな折り紙(ハリネズミや鶴のグラフィック付き)や、
↓木のマップピンを購入。海外向け商品???
e0128393_19285948.jpg














「ラーメン」、「日本の雑誌の立ち読み」、「MUJI」、
この3つのために、またデュッセルドルフへ行きたい!と願うのでした〜。
次回は日本食材も買い込みたい!
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-20 19:30 | 日帰りでお出かけ

真冬のスイミングプール

まあまあ近所に、室内スイミングプール発見。
ムスメと二人で行ってみました。
けっこう広くて、赤ちゃん用、子供用、大人用、ジャグジー、サウナなどあります。
子供用にはチューブ滑り台や流れるプールがあって、
ムスメ大歓声。
1時間で大人4.5ユーロ、ムスメは120センチ未満だったので無料。
こちらの子供は浮き輪でなく、腕につけるものを使用しています。
落とした照明に、プールのブルーの光がゆらゆら幻想的でキレイ。
リラックスできました。

・・・が、温水といえども、天井が高いからか、やっぱり水面から出ると寒い!
暖かいジャグジーにいちもくさん。
老若男女がぎゅうぎゅう!で、なんだか不思議気分(笑)
ここは、ロッカールームも男女混合。
シャワールームと着替えルームだけ別に小さいのがあります。
基本はフリースペース。
ヨーロッパは土足文化なので、どこで靴を脱いだらいいか迷っていたら、
ロッカールームスペースに入る境界線で「脱いでくれ!」と言われました。
何の段差も目印もなくてワカラナイネー。

ドライヤーはみんな靴やブーツを履いて使っています。
なので、私たちもここで靴を履きました(笑)
このドライヤー、壁に固定式で、高さだけ調節可能。
ムスメに「なんで手を乾かす機械で、髪の毛をかわかしてるの!?」と言われたように、
なんだかトイレの手を乾燥させる器具みたいでした。
出る時は、10分タイムオーバーしてて、0.50ユーロ追加。
親子二人で、1時間10分、5ユーロで楽しめたから良かったかなぁ。

外に出ると、もちろん寒ーーーい風。
でも、とても気持ちが良かったので、
靴の着脱のタイミングもわかったことだし(笑)、
もう少し帰りの防寒対策をちゃんとして、また行こうと思いました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-20 08:09 | 生活あれこれ

バースデーケーキはハムケーキ!?

e0128393_730951.jpg

苦労した誕生日ケーキのこと書いておきます(笑)
クラス20名分のケーキをどうしようか、けっこう悩みました・・・。
カップケーキが主流だけど、何回も焼かなくてはいけないし、
ケーキは前日に作っておきたいので、生クリームやフルーツは使えないし・・・。
結局、カトルカールというカステラみたいなケーキに
ムスメの好きなピンク色、のマジパンを使ってコーティングすることにしました。
マジパンを扱うのは初めてだったけど、これなら前日作業でも大丈夫。
素人ながら挑戦してみました。

カトルカールはフランスの家庭で人気のケーキ。
タマゴ、バター、砂糖、小麦粉の4つが全て同じ重量で焼くケーキなので、配合は簡単。
250gバターや砂糖がそのまま一包み使える分量にしたので、容器も汚れず便利。
ふわっとするように卵白をしっかり泡立てて、最後に加えました。
クリームなしでも美味しいケーキ。
しっかり卵白を泡立ててれば、私のような素人さんでも失敗なしで作れます。
↓25センチ角。これでも小さいくらい。一人あたり5センチ角?
e0128393_7305712.jpg














マジパンは、アーモンド粉を砂糖で練ったもので、
ドイツではお菓子にけっこう使います。
日本の飾り用のだけの白いものと違って、
ドイツで売っているのは食べても美味しいローマジパンと呼ばれるもの。
これは色がベージュなので、色づけすると濁っちゃってあまりキレイに発色しません。
濃いめのピンクに色づけしたつもりだったんだけど、グレーな感じに・・・。
↓左の小さいのが売ってる状態のもの。右が色づけしたもの。
e0128393_7314734.jpg














↓マジパンは、綿棒で薄く薄ーく伸ばしていきます。
(こうしてラップにはさむと扱いやすい!)
ムスメ、自分のケーキを手伝う。
e0128393_7322796.jpg


















私が、一心不乱にケーキにマジパンコーティングしていると、
「あ!ハムみたい!」
子供達が一言、言い放ちました。
えぇっ!そ、そう言われると、た、たしかにハムみたい。
ハムにしか見えなくなってしまいました(苦笑)
↓マジパンでコーティングした状態。ハムケーキ!?
e0128393_7334842.jpg














できあがりは冒頭写真。
飾りつけしたら、もうハムとは呼ばせません!(笑)
無事にできあがって、あぁ・・・良かった・・。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-13 07:33 | パン作り、お菓子作り

今日はバースデーガール

ムスメ5才になりました。
本当の誕生日は休み明けすぐの6日だったんだけど、
休み明け一週間は、幼稚園にくる子供たちもまばらだったので、
先生と相談して、今日、幼稚園での誕生会をしていただくことにしました。

以前にも書いたように、
誕生日の人がケーキやプレゼントを用意してみんなに配ります。
クラスの子供たちは全員で20名。
ハハである私が20人分を用意をします。
四角くて大きいケーキを、どーんと一個焼くことにしました。
プレゼントは小さい日本のお菓子の詰め合わせ。
最後に、「和紙で折った折り紙の鶴」を、そっと入れました。
これはムスコが20羽をがんばって折ってくれました。
e0128393_7113870.jpg














クリスマス休み前から、
ケーキの予行練習したり、プレゼントのお菓子を決めたりしてたのに、
結局、前日の晩にバタバタと用意してギリギリセーフ!(笑)ほぅー。

当日、ムスメはいろんな人から祝福の言葉をいただきました。
ムスメもとても楽しい時間を過ごしたようで、
今日一日はご機嫌さん。
がんばって作ったケーキも「シューン!(きれい)」と喜んでいただけたし、
お菓子セットの日本のお菓子も珍しかったよう。
ひとつの大きな仕事を終えた感じです。(大げさ?)
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-13 07:11 | 子供のこと

お兄ちゃんから妹へのプレゼント

e0128393_6535377.jpg














ムスコはなぜか妹の誕生日が来るのを心待ちにしていて、
切った折り紙を貼ったバースデーカードを、
何日もかけて何通も制作。
きちんと一通ずつ封筒に入れて封をしていました。
e0128393_654483.jpg














プレゼントも何にしようか考えていて、
毎日のように幼稚園で私に手紙を書いて持って帰ってきていました。
「ままへ もうすぐ○○のたんじょうびだね プレゼントなににする?」
そのうち
「もうすぐたんじょうびだよ はやくきめないとまにあわないよ」
というせっぱつまった文章に変化(笑)

結局お兄ちゃんが妹のために選んだのは
バースデーケーキの絵のついた紙ナプキン!
とっても満足気。
ムスメも、とっても嬉しかった様子で、大事に使っていました。
e0128393_65625.jpg














お兄ちゃんにとっても嬉しい、妹の誕生日だったみたい。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-13 06:58 | 子供のこと

日常的マイナス気温

e0128393_1748122.jpg

ここのところ続いているマイナスの気温。
6年住んでる方もこんなに寒いのは初めてと言っていたし、
現地のドイツ人もびっくりしてる今年の寒さ。
そんな寒さの当たり年に過ごす、初めての冬。

つい先日は、日中でもマイナス16℃。夜はマイナス20℃。
日本の関東圏内しか住んだことがない私にとっては、驚きの連続。
キーンと張りつめた空気。
朝方、どの自動車もアイスキャンディーのように凍っていて、
乗る前はフロントガラスの氷をガシガシ削ります。
呼吸をするとむせるよう。
しゃべろうと思って、思いきり息をすると
喉が痛くなってゴホゴホッ(笑)

寒い空気は緊張感があって嫌いじゃなかったけど、
ここまでくると寒くて外を歩くのも大変。
道路も凍っていてあぶないあぶない。
すぐ走り出すムスメは案の定スッテーン!と転んでいました。
気温が下がるらしい前の晩には、
家の玄関先に「滑り防止の塩」をまいたりします。

ちょっと散歩がてら近所のスーパーまで・・・も躊躇。
ショッピングといっても、外へ出たら駆け足で次の店にダッシュ。
家の中は、家中暖かくて本当に快適なので、早々に家に帰りたくなります。
日中3℃だった日など、
人に会う度に「今日はあったかいねー」なんていう
言葉が飛び交っていました(笑)

そんな時期にドイツに遊びにきていた義母と義父も
3週間の滞在を経て、日本へ帰国しました。
もしかして、日本の寒さがあたたかく感じているかもしれません・・!
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-12 17:47 | 生活あれこれ

ラクダに乗りました

e0128393_6113099.jpg

ラクダに乗りました。
ほとんど砂漠のようなカナリー諸島の土地には、ラクダやヤギがたくさん。
30分のラクダ散策コースは、海が見える丘の頂上まで行って帰ってくるルート。

親子ペアずつで乗ろうと思ったら
左右の重量バランスのために、子供たちだけで乗せられてしまいました。
ラクダが立ち上がると、意外と高くてびっくり。
初めはちょっと顔がひきつり気味だった子供たちも、
慣れてきたら、見晴らしの良さをけっこう楽しんでたよう。
ウンチをポロポロするのに爆笑してました。
e0128393_613040.jpg














暑い中30分くらいラクダに揺られるのは、けっこうきつかった〜
揺さぶられすぎて、酔ってしまいそうだったけど、
海が見える景色はスカッとしました!
e0128393_6145511.jpg














ラクじゃなかったけど(笑)、良い思い出になりました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-09 06:15 | ○スペインへ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧