ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ドイツ(フランクフルト)第一印象

e0128393_648069.jpg

はじめの印象は、そのうち消えてしまいそうなので記録してみる。

○空港を降り立った時から、空気がカラリと乾いた感じだと思った
○街も人もゆったりしてるように感じる
○朝晩の気温の差が著しい!(前回も書いたが、今は夜がスゴク短い)
○チーズの種類が沢山あって選べない
e0128393_6495395.jpg

スライスチーズだけでこんなに・・・

○ソーセージの種類が沢山あって選べない
○ビールの種類が沢山ありすぎて選べない
○見たことない野菜や果物が沢山ある。
e0128393_652153.jpg

ものめずらしさで買った「すぐり」。酸っぱくて家族にも不評〜
どうやって消費するのがいいんだろう???(知ってたら教えて!)

○家の中の匂いが違う
(柔軟剤とか塗料とか混ざった感じ。
先日、段ボールのパルプの匂いが強烈なことを発見)
旅行行っても、ヨーロッパはいつもこんな感じの匂いだったような気がする。
アメリカのパルプは良い匂いだけど、ドイツのはくちゃい!(笑)。
○家の自動シャッター(雨戸)の素材がどこの家でも同じ規格なので
外観が同じで美しい。
○壁の素材も同じに決まってるらしく(!)、
しっくいのようなマットな感じで美しい。
家中の壁に穴をあけても、塞いで市販の壁材を塗れば元通りだって!
○街中がなんだか静かな気がする(EURO2008試合日は除く・・・)
○想像よりも人が親切。
○ゴミの分別が慣れない(笑)

ざっとこんなことが、外国に来たんだということを感じたことのいくつか。
そのうち慣れて、何にも感じなくなるに違いないけど!
逆に知る程に、違う一面を知るようになるんだろうなぁー。
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-30 07:03 | 郷に入れば

ドイツ生活始まる。

e0128393_614167.jpg

無事に到着。
いままでの忙しさを思えば、機内が久しぶりに一番くつろげた気がする(笑)
でも事件2つ。

ひとつは前回の日記に持ち込み荷物180キロと書いたが、
ひとり当たり60キロではなく、家族3人での重さだった!
これは旅行代理店と航空会社の連絡ミスということで、こっちの超過料金なしに。
出だしからびっくり。
なので、これから行く方が、もしもいたらお間違えなく!

もうひとつは、機内で私が注文した焼酎をムスコが水と間違えて飲んでしまった!
「ねぇママーこれなに?」と普通に聞いてくるので
「水でしょ」というと「なんか変な味がするー」「ふんぎゃっ!」・・・
水をかぶのみさせて、紙袋を広げてスタンバイ、
さらにCAに「何か起こるかも!」と脅かしたが、
本人は何事もなくその後ぐっすり寝てしまった。ほーーっ。あせった。

到着してパパに再会。
一番喜んでたのはムスコだったに違いない。

0から生活の基盤を整えるのは、けっこう大変だ。
引っ越し前と同様、体力気力がいる。
言葉も通じないし(笑)、時差ぼけ〜。

夜は10時過ぎまで明るいので、つい夜更かし。
着いたその日の夜8時半ころスーパーへ行く。
e0128393_653110.jpg

こんなに明るい!
ソーセージ売り場のおばちゃんにハムスライスをもらった子供たちはご機嫌。
このおばちゃんのおかげで初日を良い気分で終えることができたし、
今後のドイツ生活を前向きにとらえられる、
小さいけど、以外と大切な出来事だったんじゃないかと思う。

家も気に入ったようで、早速庭で水まく午後10時(笑)
e0128393_671099.jpg



今後、異国でどんな生活になるのか、
まだ想像できないけど、とりあえず無事に到着したのご報告。
心配してくれた方、ありがとう!
なんとか家族元気でやってますよー
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-26 06:11 | 生活あれこれ

てんやわんやで明日出発。

e0128393_22561778.jpg

航空便も手荷物も全て出し終えた。
その他は国内便で両実家へ。
今まで生活してた家の中はからっぽ。
子供達は梱包材や空のクローゼットに大喜び。

全ての荷物を出す前日も、今日の手荷物出す前日も
なかなか終わらず気力体力腰力(?)の限界だった。
合間に区役所や郵便局などで諸手続き。
美容院や子供の床屋や、なんやかんや。
家に郵便物取りに行ったりすると、ご近所さんや良く行ってた店の人と
ついついおしゃべり。

手荷物は全部で180キロまで。
簡単に言うと6歳のムスコが10人分。
パンパンにつめたスーツケースや段ボール7つ。
ひとつ当たりの重さは25キロくらいだったから、
上限ギリギリ、時間もギリギリ(笑)

実家へ行ってゆっくりどころか
中途半端な状態の荷物が何十箱も届き、夜中過ぎまで片付けに追われるし、
「いつもお前は計画が甘すぎるんだ〜!」と父からも怒りのお言葉。
久しぶりに娘に戻った気分(苦笑)
ほんと自分のダメさ加減を何度も再認識させられた。

そして姉に赤ちゃんが誕生したので
生後2日の赤ちゃんを見に行く。
忙しかったし、子供もいたから、ほんの少ーしの時間だけだったけど、
渡独前に、ひとめ会えて抱っこできて良かった〜
この子、私の引っ越しをじゃましなかっただけでなく
ちゃんと自分のパパの休日に産まれてきたという良い子!
立ち会いを拒んでたのに、立ち会いをさせてしまったらしい(笑)

荷物も出し、赤ちゃんにも会い、
これでやっと明日出発できそう。
今晩はお風呂も入れそう(笑)

それでは行ってきまーす。
いろいろありがとうございました。
次はきっとドイツから!
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-20 19:31 | (引っ越しまでのこと)

保育園最後の日

自転車3人乗りで、毎日当たり前のように通い続けた保育園。
ついに最後の日がやってきた。6年足らず。
何もわからない赤ちゃん時期から今まで、一緒に育った場所と仲間や先生ともお別れ。
次の春、そんな仲間と一緒に卒園するムスコの晴れ姿を見る願い叶わず。

いつもと同じように3人乗って出発した途端、
もうこれが最後なのだと思ったら、
自分の涙があふれてきて止まらなくなってしまった。
なぜかひとり泣きながら自転車こいで、変な人だったに違いない(笑)
雨の日も風の日も夏も冬も、同じように通った坂道。川沿い。曲がり角。すれ違う人。
そのまま保育園に到着して、私の顔を見たママさんや先生にもらい泣きされる。
朝から泣くなんて早すぎだ。
ムスメはいつもと一緒だが(苦笑)、
ムスコは何かを感じて、いつもよりクールな態度の照れ屋さん。
大好きな先生にも、一生懸命「わすれないでね」などとお手紙を書いて渡した。

いつも治療してもらってる鍼灸師さんに
「大変だったからこそ、泣けちゃうんでしょうね〜。」といわれる。
そうなのかもしれない。

もうそれからその日一日は涙腺がどうかしちゃってた。
いろんな人の言葉や気持ちや思いがけない贈り物や手紙やメールに触れる度、
泣く始末。絶対人相変わってた。
忙しいその方達が私たちのことを思って、選んだり制作したりしてくれたりの
費やした時間を想像すると、ぐっときた。

子供達も、クラスメイトめいめいが描いたムスコの似顔絵&好きなところ、
などをまとめた冊子や
それぞれの顔写真に直筆で自分の名前を書いたりして、
いろんな写真をまとめたムスメの思い出アルバムなどをいただく。
親子で制作してくれたメッセージ&お絵かきアルバムや、
クラスみんなの名前入りTシャツなども、貴重な宝物。

気持ちを伝える術をいつも考えるが、
想像を超えたみんなのアイディアに驚く。
私に出来たことは、感謝の言葉を入れた子供達の写真入りカードと
自宅で収穫したブルーベリーマフィンを配ることくらいだった。

絆強い学生時代の友人や、つらい時期を一緒に乗り越えた仕事仲間同様、
保育園で知り合ったママ達は、日々同じような戦いをしていた「戦友」。
よく集まって飲んでストレス発散(?)してた。私の生活の楽しみでもあった。
何度も送別会をしてもらった。
最後の日も、わざわざ集まってくれて夜中まで。子供達よ付き合わせてごめん。

子供は成長して、次に会った時は今日とは全く違うかもしれない。
子供の記憶は不確かだ。どのくらい残るのだろう???
それなりに日々は過ぎ、生活し、忘れてしまうかもしれない。
何かの拍子にふと二人のことを思い出してくれたら、それでいい。
二人には「今日の日のことは、絶対忘れないで。」と言って就寝。

大人の私(笑)にとって、一生忘れられない一日だった。
異国でつらいことがあっても、この思い出が救ってくれるような気がする。

すでに実家へ移動。
月曜日には家の一切のものが出される。
もうひといきがんばります!
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-15 12:07 | (引っ越しまでのこと)

船便出す。

船便をなんとかなんとか出せた。
どうなることかと思った。

予定日2日前から両親総動員。
全然終わらない。
子供は遊んでもらいたがる。
おまかせパックなので分別すればいいんだけど、
それすらやり終えない(苦笑)。
考えが甘かった!
国内便と航空便は来週月曜なので、
とにかく船便だけでも出さねば!という気持ちで挑む。

予定日前日、
あまり冗談を言わない父の、たいしたことない一言がツボにはまり、
うっかり「ふっ」と笑った瞬間、腰がキクッときた。
実は、私は4ー5回ほどギックリ腰になった過去を持っている。
ちょうど去年の今頃も梅酒用の梅を買って帰宅してなり、床で動けなくなった。
疲労+寝不足+梅雨の湿気が、良くない要素。

子供達が私のギックリ腰(今回軽いからキックリ腰!?)を見るのは3回目かな。
笑えるほどに、急に良い子ちゃんに変身する。
子供心に「まずい!」と思うらしく助けてくれる。
あまり子供が言うことを聞かない時は
「あ、ママぎっくり腰かも」と、何度言いたくなったことか!(笑)
ムスメは私がお菓子を食べるオッケーをなかなか出さない時など
「ママが、こしがいたくなってもたすけないからね!」が最後の切り札。

とにもかくにも腰痛ベルトをがっしりはめて、
今までの経験でNG姿勢せずに、朝方までがむしゃらに作業に挑む。
服のまま仮眠して、そのまま起きて作業。顔も洗わず〜。鏡も見ず〜。

当日は、説明だけすればあとは箱詰めからやってくれるので
意外と楽だった。
知らないうちに昼寝(笑)
そして信頼してる鍼灸師に治療してもらったら、劇的に治った!すごい!
実はその晩キャンセルできない送別会があった。
姉の出産予定日でもあったが、まだ気配もなく、私が両親をひとりじめ。
私の何かを感じてくれてるのかな?
鍼灸師さんや姉の赤ちゃんに感謝しつつ、結局早朝まで(笑)

船便では、結局大小の段ボール箱70個。
がんばりの成果か意外と収まった(入れ物には小物詰めたり!)。
「もしスペースがあったら荷物」もいくつか用意していたが、全部入った。ホーッ。

食品箱の中の「サッポロ一番・塩ラーメン&みそラーメン」が出されてた。
パッケージのラーメンにばっちり肉の写真が出てるのが理由。
野菜シールでも貼っておけば良かったのか!?
パパが「出前一丁」は売ってると言ってたけど、
私は「サッポロ〜」が好きなので沢山入れてた。残念。
かさばるけど手持ちだ〜。

引っ越し担当の男性は3人。
決してイケメンではなかったけど(失礼!)、とっても穏やかで親切で、
こういうことがあっても、やんわり対処。
大量のクックドゥーレトルトも、遠慮がちに出されてた(当たり前)。

子供達が帰宅すると、いつもと様子の違う室内にキョロキョロ。
ムスコが一言「ママ、おつかれさま。」などと、大人なことを言うので驚く。
どうやら船便が済んだら、パパにそう言うように言われてたらしい。
「しばらくはいつもの場所に、いつものものがなくて
困ることがあるかもしれないけど、イライラせずにがんばろうね。」と
言い聞かせる。

毎日が風のように過ぎる。
そよ風が台風に変化してるイメージ(笑)
最後の一ヶ月はあっという間だという言葉は本当だと実感。
やることも増えるし、最後だからと会いたい人も増える。
書いておきたいことも沢山なんだけど。
しばらくは支離滅裂な日記かも。
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-12 15:31 | (引っ越しまでのこと)

出発まであと2週間の異常買い!?

出発まであと2週間になっている!
なにもかもにあわててしまい、
行動も会話も、かえって無駄が多い(笑)。

子供の母子手帳の翻訳依頼したものも、出発ギリの到着予定でセーフ。
買い物に行くと即決即断。
船便出すまであと5日。

そんな状態で衝動買いしたものたち。
e0128393_12402779.jpg

てぬぐいや「かまわぬ」がやってる「まめぐい」という店。
何十種類もある中から、包む手ぬぐいも、
中身のあられ、飴、お茶、なども、自由に好きな組み合わせを選択できる。
東京駅構内エキナカショップで、
親子で疲れ果て座り込んでると目があってしまった。
日本土産にも使える!?

e0128393_12421796.jpg

カメラ修理のついでに下駄ビーチサンダル。
鼻緒部分も意外と凝ってた。足袋靴下もセットで。
ルコックスポルティフ。
実は、マリメッコにいた日本人デザイナーさんのグラフィックらしい。
京都で足袋シューズで有名なsousouとのコラボ。
そして、対応してくれた店員さんの、今一番行きたいところは「ドイツ」だそう。
日本っぽいと惹き寄せられたのに、
北欧やドイツが絡んでくるとは、思わぬ偶然にびっくりした一瞬。

e0128393_1241271.jpg

ムスメには、日本のエセ駄菓子の、総柄女の子パンツ(子供用)。
ムスコには、「祭」Tシャツをいきおいで買ったけど、かなりイヤそう(笑)
子供と三人で吉祥寺をヨロヨロ歩いていたら、見過ごせなくなり急停止。

e0128393_12432146.jpg

そしてこれ(笑)
無駄な荷物増えすぎ。
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-05 11:57 | (引っ越しまでのこと)

ドイツ広告車両 in JAPAN

うわさに聞いてたドイツ広告だらけの車両に乗った。
京王井の頭線。
ドイツ政府観光局がやってるみたい。

e0128393_15461299.jpg

ようく見てみると、
◆「ドイツビール、5000種類以上」
◆「ドイツにはミュージアムが3000カ所以上」
◆「ドイツの世界遺産は○○個以上」
◆「ドイツのロマンチック街道のうんぬんかんぬん以上」
と、全部覚えきれなかったけど、こんな感じの4種類の広告が
車内にずらりと埋め尽くされている。
あとはドイツ車の広告。

もう少し詳細わかりたかったけど、説明は案外あっさり。
ビールのところにソーセージもあるよ、とかそんなくらい(笑)
(初めてのブログの写真入れがケイタイ画像でスミマセン!)
これを見た友人が「ドイツに行きたくなった!」と言ってくれたのは
嬉しかった。


今月号の雑誌「TRIP」(マガジンハウス)で
「あなたの知らないフランクフルト」というページタイトルに即買いしたら、
クラブシーンをフィーチャーしたものでがっくり〜。ママには行けない(笑)。
ベルリンについては、クリエーターが少し街紹介してた。
ページデザイン重視で写真がすごく小さいから、今度目を凝らして見てみよう。

「北欧スタイル」(枻出版社)では、
ドイツの北に位置するハンブルクから北欧まで鉄道で行くというテーマ。
私のような鉄道初心者でも、わかりやすく行けそうな親切ガイドが!
写真もキレイで、車両デザイン自体も素敵。
これは出発前に買えて良かった。
でも買うだけ買って、読む時間ないので山積み状態(笑)。

向こうでは、月に何冊か日本の雑誌を送ってくれるサービスがあるらしい。
表紙とタイトルで決めなきゃいけないので、
到着時のガックリ&ヤッター!の波が激しくなりそう。
[PR]
by maki2008maki | 2008-06-02 16:30 | (引っ越しまでのこと)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧