ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モノを捨てながら、モノを買う。

時間さえあれば、家のモノたちを
いるものいらないものに振り分ける。
映画用プロジェクターや大スクリーン、デスクトップのパソコン、
家電製品類、大型家具、植木、などの大物は早めにどうにかしないと!
小物や食器や、たまってしまった子供の服&おもちゃなどは
ヤフオクで売ることにする。
使用品は妊娠中の姉や友人や家族にあげることにする。
そして、なるべく思い切って捨てる。
かたっぱしから写真を撮ってみる。

それにしてもモノの多いことよーーーー

やってもやっても終わらない。
「まにあわせで買わない事がエコである」
という、どこかで聞いた言葉に重みが増す。

そういえば、引っ越ししてから
子供が生まれて忙しいことを理由に
大掃除なんてしてなかった。
仕事柄、雑誌がどんどん増えるし、
自称資料の紙切れや印刷物(他人から見たらゴミ)もなかなか捨てれない。

今住んでる家は、会社の方で留守中の管理をしてくれるらしい。
(社員に安価で貸したりするみたい)
ただし、引っ越しの際は、私物を一切置いてはいけないことになっている。
海外引っ越し便の他に、
国内で2カ所の引っ越し便使用が許されてるので、
両方の実家へ荷物を送ることに決めた。
それにしても、実家にも迷惑なことなので
送る荷物は最小限にとどめたい。

・・・などと言ってる一方で、
ドイツで買えないからと、買い物してる自分。
主にドイツにまつわる書籍やガイド本などなど。
アマゾンの箱や神保町本屋さんの袋を見つけては
「また買ったでしょ!荷物増やしちゃダメ!」とパパに叱られる始末。

でも昨日、私の仕事が忙しい最中、
パパからケイタイに連絡があった。
「Mac BOOK買っちゃった♪」と嬉しそうな声。
「え!ついこの間新しいの買ったばかりだよね・・・」と私。
「ドイツと日本でSkpeで電話するのに2台いるし、
両方カメラ付きだといいし、うんぬんかんぬん。
今日はたまたま新しいのと入れ替え日でうんぬんかんぬん・・・。
古い2台は売ってうんぬん・・・。
しかも、Wii Fitも買っちゃった♪」って。
「えーーーーっ!」

モノを増やしてるのは
どうやらお互い様なご様子。

引っ越しって、けっこう人の価値観を浮き彫りにする。
自分を見つめる、良いきっかけになりそう(笑)
[PR]
by maki2008maki | 2008-02-28 12:22 | (引っ越しまでのこと)

いよいよバタバタしてきた。

昨日、引っ越しに向けての資料をどさっと受け取った。
沢山ある!
いよいよドイツ行きが現実化してきた感じ。
パパは連日の手続き資料記入でお疲れな様子。

私たちはパパの渡独後、3ヶ月後に移動らしい。
ということは7月になりそう。
でもあいかわらず、会社ではまだ発表にはなっていない。

資料はまだほとんど目を通していないんだけど、
3月中に私の健康診断や配偶者研修(丸2日間)や
引っ越し業者見積もりなどなどなど・・・の
日程予約をする。
カレンダーがどんどん埋まる。
仕事が落ち着いて出来るのは今月までのような気がしてきた。

一日一日大切にしよう!
いらないものは早めに処分しよう!

子供にも言い聞かせる。
あんまりわかってないみたいだけど(笑)

パスポートの期限が少ない私は更新しなくちゃいけなかった!
写真写真、写真をまず撮らなくちゃ。
[PR]
by maki2008maki | 2008-02-22 11:33 | (引っ越しまでのこと)

ドイツの清涼飲料「ビオナーデ」が日本にも

ドイツではごくごく普通に売られてる飲み物が
今年3月に日本に上陸するらしい。
と、いうニュースを今日、知った。

化学添加物をまったく使わない
ナチュラルで健康的な製造方法の清涼飲料
「ビオナーデ」。
開発、技術改良には8年と150万ユーロ近くが費やされたらしい。
誕生の地はドイツ。

4つのフレーバー
○ホルンダー《西洋ニワトコ》、
○ライチ、
○ハーブ、
○ジンジャー&オレンジ。

ホルンダー《西洋ニワトコ》味って
どんなのだろう???
ハーブ味って、何の種類のハーブ?

むーん、
飲んでみたい!


以下抜粋↓(興味があれば)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「21世紀のコカ・コーラ」として子供から大人まで、
多くの人々から親しまれ愛飲されています。
パリで開かれた国際食品見本市では、
ノンアルコール飲料部門で金賞まで獲得しました。

華やかな面ばかりにスポットを当てると、
「ビオナーデ」の魅力は尽きません。
しかし、その誕生の裏には様々な苦労があったのです。

1980年代の中ごろ、
「ビオナーデ」の開発者であるディーター・ライポルトは、
倒産危機に陥っていた自分のビール工場の経営で頭を悩ます毎日。
そんなとき、彼は学界にセンセーションを巻き起こすほどの発見をします。
発酵によって糖をアルコールにする(発酵飲料の一般的な製造方法)
のではなく、グルコン酸にする微生物を発見したのです。
この微生物で、麦芽糖と水を酸味のある液体にし、
微炭酸を加え、4つのフレーバー
(ホルンダー《西洋ニワトコ》、ライチ、ハーブ、ジンジャー&オレンジ)
で味付けしたものが「ビオナーデ」となりました。

 画期的な発見とともに誕生した「ビオナーデ」ですが、
発売当初の売れ行きは芳しくありませんでした。
知名度が低いことを理由に、大手卸業者が扱ってくれず、
売ろうにも売ることができなかったのです。
しかしある日、
ドイツの業界人が多く集まるパーティーが催されたときのこと。
他の飲み物と混ざって出荷された「ビオナーデ」が、
パーティーに居合わせた人たちのあいだで話題となり、
口コミで一気に知れ渡ったのです。
原料にすべてオーガニックのものを使用していることも、
人気に拍車をかけました。
その後、販売拡大のためコカ・コーラ社に商品を卸すようになり
(コカ・コーラ社による買収は拒否)、
「ビオナーデ」は欧州各国で販売されることに。
今やドイツでは、
コカ・コーラ製品の売り上げに次ぐ人気清涼飲料となっています。

2008年3月には、
いよいよ「ビオナーデ」が日本上陸を果たします。
果たして日本において「ビオナーデ旋風」が起こるのか、
楽しみに待ちましょう。(編集/執筆:mixiニューススタッフ)
[PR]
by maki2008maki | 2008-02-06 10:25 | (引っ越しまでのこと)

ドイツアンテナ、ピーン・・・!

ドイツ・・・という単語が気になるようになったら、
日々の生活でアンテナにひっかかることが多くなった!

たっまったま、J-WAVE聞きながら
出かける準備をしていたら、テーマは「ドイツのエコ」。
日本でも今はあたりまえになったエコバッグ、
世界で一番に使い始めたのはドイツの若者なんですって!
アンテナ、ピーン。

いつも夜は疲れ果てて
子供を寝かしつけながら自分も寝てしまうんだけど、
たっまったま、昨晩は起き出してきて
何気なしに、TVつけながらパソコンしてたら、
「あいのり」の番組(男女の若者がワゴンで世界を旅する)
の旅行地がドイツ!
またしても、アンテナ、ピーン。

普段「あいのり」なんて見ないのに、
なにかに導かれたかのよう。

フランクフルトも少し出てきたし、
ドイツは世界一休暇の多い国だとかで
男性陣がいかに余暇と家族を大事に人生を謳歌しているのかを
イキイキと語っていた。
休日や、夜8時以降は仕事をしてはいけないことになっている、
などなどを知る。
少しだけ、国民性に触れた気がした。

日本の女性陣はみな一応に
「もうソーセージは食べたくないよ〜」と言ってた。

郊外にある、一泊3000円で泊まれる
キャンバス地(?)のような大きいティピー
(とんがり帽子のようなテントで中にはベッド12個!)
が沢山あるキャンプ場に、心惹かれた。
[PR]
by maki2008maki | 2008-02-05 15:25 | (引っ越しまでのこと)

本屋に入り浸る

時間があれば本屋へ行き、
手当たり次第にガイドブックを開いてみる。
ヨーロッパは日本の島国と違い大陸が大きいので
陸続きの周辺の国々まで気になる。
と、半端じゃない情報量。
向こうでは、日本の書籍は3倍もの値段がすると聞いて、
いろいろ購入したくなってしまう!

仕事場がある神保町は本屋街。
雑誌のバックナンバーも豊富。
雑誌の「FIGARO voyage」「旅」「PEN」など
バックナンバーまでチェックしてみる。

数名の友人にドイツ行きを伝えると
みんな二言目は同じセリフ。
「絶対に行くから部屋ひとつ用意しておいて!」

本当に来てくれ〜
[PR]
by maki2008maki | 2008-02-04 22:48 | (引っ越しまでのこと)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧