ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:郷に入れば( 21 )

ドアの鍵は自動的に閉まる

ドイツの家は、玄関のドアをバタン!と閉めると、
ロックされちゃうんです。
すると当然、鍵を持っていき忘れることが起こります。
ホテルの部屋のドアと一緒ですね〜。

はい、ついにやってしまいました・・・。

よくやってしまった話を聞くけど、
普通は近くに住んで開けてくれる大家さんが、
ウチの場合住んでいません。

寒い寒い日に子供と一緒、
しかも他の子も2名ほど幼稚園から連れて帰ってきて
その日に限ってケイタイも持っていなかった、という
最悪のパターンで・・・。

近所の家で電話を借りて、一人の子が暗記してた電話番号にかけて、
あとは伝言ゲームのように人をたどり、
他の子の家でゆっくりさせてもらい、
仕事中だったウチのパパのケイタイ番号まで判りました。

狭くて窮屈だと感じてた日本人社会だけど、
この日ほど、人のつながりに感謝した日はありませんでした!!!
みんなに感謝の気持ちでいっぱい。
そして、あ〜自己嫌悪〜。

鍵は必ず確認!
ケイタイに頼らず番号のメモを持とう!
子供に家の番号を暗記させよう!
などなど、いろいろ反省した一日でした・・・。
本当に気をつけたいです・・・!!!
[PR]
by maki2008maki | 2008-12-13 02:52 | 郷に入れば

St.Martinの提灯行列

e0128393_1125326.jpg

昨日11月11日は、St.Martinの提灯祭りの日。
その昔、St.Martinさんという人が、
貧しい人々に自分の衣服と食べ物を分け与えたという話から
St.Martinさんを讃えるものらしい。
ちょうちん(Laterne)は、人の温かい心の灯りなんだそう。
夕闇がせまり暗くなった頃に、子供自作のちょうちん(Laterne)を持ち
みんなで町を練り歩きます。
この日のために、幼稚園では子供達がせっせとちょうちん作成をしていて、
いざ!本番だー!という感じ。

今通っている幼稚園には教会があるので、
そこへ、夕闇せまる午後5時に集合。
初めて教会の中へ入ると、ステンドグラスが美しいシックな木造り。
e0128393_11262365.jpg


















St.Martinさんにちなんで、クラスでは事前に生徒全員の家庭から
新品の日用品を一つずつ提供し合って作った
プレゼントボックスを作りました。
世界の恵まれない子供達へのクリスマスプレゼントだそう。
これの贈呈式(?)や、St.Martinさんの劇や、
「分け与えることは、愛である」という内容の朗読が行われました。
今回は近所の日本人幼稚園との共同イベントだったので、
ドイツ語&日本語で内容が理解できました(笑)

教会を出ると、提灯の中に仕込んだロウソクに火をつけて
親子でぞろぞろと幼稚園周辺を歩きます。
提灯行列とても幻想的でキレイ。
暗すぎて写真が撮れなかったのが残念・・・。
風が吹くとロウソクが消えてしまって、何度もつけなおす作業が大変でした。
しかもムスメは振り回すし(危!)
そんな子のために、消防車や消防署員が沢山いるのかと思ったら、
本当の理由はこれ↓でした。ファイヤ〜。
寒かったので暖まりました。大晦日を思い出したのは私だけでしょうか〜?
e0128393_23363430.jpg















先生達がグリューヴァイン(ホットワイン)や軽食を販売。
子供達には人の形をしたパンが配られました。
大きいので、これ一つで夕食いらず(笑)
e0128393_11283050.jpg


















帰宅して再度Laterneに火を入れて、ろうそく代わりに楽しみました。
ウチの子のクラスは魚の形のLaterne。
本当はまあるい球体がスタンダードだけど、おばけや筒型などいろいろありました。
これを専用の棒につけて、釣り人のようにLaterneをつるします。
e0128393_11291851.jpg














夜が長くなってきて、外で遊ぶ機会が減ってしまったけど、
子供達も楽しそうだった11月のイベントでした。
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-12 11:30 | 郷に入れば

自転車レーン

e0128393_19501550.jpg

歩道をようく見ると赤色と緑色に色分けされています。
この緑色の部分が自転車専用レーン。
自転車の人が走るところはここ。
そして、道路の進行方向右側を走ることになっています。
ここを走っていないと、規則にはうるさいドイツ人に
必ずといっていいほど注意されてしまいます。
うっかりしてたり、子供達がいつのまにか外れてたりで、
何度言われたことでしょう!
・・・って、写真撮った時も赤色ゾーンを走ってて間違ってます(笑)
前を走ってるムスコもパパも違ってる!(パパは知らなかったらしい)

昨日、急に補助無し自転車に乗れたムスメ、
このレーンから外れて外れて、軌道修正が大変でした。
初めのうちは自由に走らせてあげたいんだけどね〜。
ムスメがどんなに暴走しても、もたもたしても、うっかりしても、
車は必ずや停まって待っててくれます。
歩行者優先の規則をきっちり守っているんですね。
有り難いことです!

自転車のうしろの三角の旗、
車からも見えて安全のため、ドイツの子供はつけているので
ムスメの自転車にもつけました。
目を引くので安全!?
足こぎ自転車からランクアップして
朝からこんな感じで、幼稚園までハラハラの自転車登園です。
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-03 19:50 | 郷に入れば

今年のハロウィーン

e0128393_8295133.jpg

ハロウィーン、終わりましたねー。
ドイツでも派手ではないけど、ぼちぼち行ったりしているよう。
数日前の夜、家に突然、仮装した子供達が訪れた時には、
おぉー本当に来るんだーと、驚きました。
(数日早いし、日本では経験なかったもので・・・)
子供達もびっくりしつつ凝視。
あわててうちの子供用に用意してたハロウィーンの目玉チョコなどをあげると、
それ自分たちの!と言わんばかりに、我が子がみるみる不機嫌に。
仮装した子供達がそれを見てお菓子を返してくれました(笑)
・・・なーんていうやりとりがあった今年のハロウィーン。
e0128393_8305389.jpg


















当日は夜まで出かけていたけど
街中や公園などでもこわーいガイコツにマントで仮装した子供達とかが
きゃっきゃっ言って遊んでて不思議でした〜。
お菓子あげるとお礼は「Thank you!」。
やっぱりアメリカのイベントですねー。
幼稚園ではイベントはないけど、みんなでかぼちゃやガイコツの絵を描いていました。

面白い形のかぼちゃありました。e0128393_8314959.jpg
e0128393_83293.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-02 08:33 | 郷に入れば

ゴミ箱カタログ

前回の話の流れのついでに。
ドイツに来て、まず驚いたのがゴミ箱(笑)。
日本で使ってたモスグリーンのタイヤ付きのゴミ箱が、ドイツ製だとは知ってたけど
こんなに日常でどこの場所でも、いくつも使われてるとは知らなかった。
かなり親しいものに出会ったかのよう(笑)。
フタの色を変えて一目で分別して入れられるようになってる。
このゴミ箱、収集車のうしろのバーに引っかけると
自動で回収できるつくりになっていた!
ドイツでは、これにそんな機能があったのか〜。
e0128393_5582634.jpg






























ゴミ置き場も、環境にとけ込むように、
だいたい緑がからまり美しい&目立たなくしてある。
日本のように、集荷日だけ道路に置いて、なーんてことはない。
もっときれいなのもあるけど・・・。
e0128393_5593322.jpg


















ビンも色別に入れられるようになってる。(緑・茶・白)
いたるところに置いてある。
いたるところっていうのがポイントかもね。
気軽に出来るっていうのが一番。
e0128393_61222.jpg

















不要な洋服や靴専用のボックスも沢山。(必要としてる所へ送るらしい)
今度子供のものが小さくなったら、使ってみよう。
e0128393_621956.jpg






























街で統一のちょこっとゴミ箱。
空き缶とかじゃないよ〜。
ゴミ箱類、いつから統一したのかなぁ?
e0128393_642418.jpg































ペットボトルなどは買った店で回収機械があって
お金が戻ってくる。(正確には金券レシート)
それを使ってまた、同じ店で買う。
上の黒い丸にボトルを入れて、
最後に右のグリーンボタンを押すとレシートが出てくる。
週末は行列になり、あせる・・・。
e0128393_632544.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-09-05 06:05 | 郷に入れば

芝生大切。環境大切。

e0128393_16562990.jpg



















こちらにきて芝生の緑の鮮やかさにうっとりすることが多い。
うっとりさせるには、やはり手入れの舞台裏が!
がんばるというよりも多分、手入れが好きなんじゃないかと思う。

ウチの庭の芝生はちょっとほっとくと雑草もぼうぼう。
子供の幼稚園が始まる前で時間をもてあましていたので
芝生と家の周りの雑草などを、遊びがてら抜いていたら、
ご近所さんが「あら?言われちゃった?」と声をかけてくれた。
どうやら、芝生と雑草の手入れをしていないとチェックされるらしい(笑)。
よっぽど放って置いて見苦しくなったら、らしいので、
ふぅふぅ言って手入れするほどのことでもないけど・・・。

そういえば、見渡せば、
玄関周りだけでなく、共同ゴミ箱周囲もいつもきれい。
近所の環境担当の方(近所の方はマイスターと呼んでいた)が、
子供用の小さな遊びスペースの雑草を、セッセと抜いている姿も見かけた。
いつもきれいいに保つには、影ながら努力してる人がいるもの。
他人でさえ、あまりに無頓着だとついつい言いたくなる気持ちもわかる〜。

ウチのパパが元々庭仕事が好きなので、
上記のような芝刈り機を購入。手入れして、除草剤もかけたりした〜。
家族みんなで雑草も抜いたり〜。
こういうの好きじゃなかったら、大変だったろうなぁーと思ったりして。

友人宅の下に住んでる大家さんの還暦祝いは、本人のリクエストで、
「充電式のコンパクト芝刈り機」だったという話も思い出した。
プレゼントに芝刈り機なんて、ドイツらしい。

最近は落ち葉も増えてきて、これから大変になるかなぁーと思ったら、
落ち葉吸い取りおじさんの姿が。
e0128393_16584100.jpg






























そして、道路を頻繁に、落ち葉収集車が吸い取りながら走り回る。
さらに、道路もブラシで掃除する車も走り回っている。
e0128393_1659616.jpg

















むーん、さすが。
個人だけじゃなく、国も地域も努力して
キレイを保ってるよう。

おまけ・芝刈り機売り場↓
e0128393_17185073.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-09-02 17:00 | 郷に入れば

のんびりの日曜日

e0128393_16283183.jpg

ほとんどのお店が閉まっている日曜日。
街は静か。
そのかわり、土曜日の買い物ラッシュは夜まですごい・・・。
買い物ができない!と思うと、あきらめもついて
日曜日はのんびり過ごそうと、自然と思うようになる。

裏の大きな公園へ行くと、老若男女思い思いに
歩いたり、ジョギングしたり、自転車に乗ったりと楽しんでいる。
みんなくつろいで楽しそうな、ザ・日曜日。

自転車でも、とてつもなく広いので、
決まって公園内にある小さな雰囲気の良いレストランで休憩〜。
のんびりと外で、伝統的なドイツ料理をいただける。
昼から結構なボリューム!
どこの店でもだいたい子供メニューがあり、内容は大人料理を少なくしたもの。
(日本のお子様セットみたいに子供向け料理ではない)

ドイツ料理の中では今のところシュニッツェル(薄いカツレツ)が好き↓
この日はたまたまこればかり注文(笑)
ノーマルなのはレモンを搾るだけ(これが一番。左奥。子供サイズ)。
手前のはフランクフルターソースといってヨーグルトにパセリなどのグリーンが入ったソース。(さっぱり)
奥はマッシュルームブラウンソース。(こってり)、
e0128393_1630641.jpg

















レバークヌーデルズッパ(レバー団子スープ)は、
子供の顔くらいデカくてびっくり。器に一個どーんと!(ピンぼけだけど)↓
e0128393_1710975.jpg






















お店おすすめのヴァイツェンをグレープフルーツで割ったビール、結構美味しかった。
e0128393_163854100.jpg






























101匹わんちゃんに出てくるようなダルメシアンや、
スラーっとスリムな犬を連れた人達を良く見る。
犬と共に入ってきて一緒に食事を摂っている。
こちらのわんちゃんは良くしつけされてるせいか、
レストランやカフェなど、いろんな場面で優遇されてる気がする。

遊具のあるエリアでは、
子供と遊ぶパパさん達の姿が目につく。
e0128393_1648182.jpg


















今の時期は、林檎がたわわに実っている木が、そこかしこにあって
遊びの休憩に、普通に家族で もいで、ベンチでモリモリ食べているのに驚く。
「美味しい?」と聞くと「まぁまぁ」との答え。
多分そんなには美味しくないんだろうなぁーと思うけど(笑)、
家族で楽しむことが一番!な、日曜の風景。

林檎ジュースや、林檎酒電車が有名なことは知ってはいたけど、
実がなっていて初めて、林檎の木が周囲に沢山あることに気付く。
ほとんどが手のひらに入る、小さめサイズ。
こちらの林檎ジュース(アプフェルザフト)も美味しい!
炭酸なしが濃くて好み。
e0128393_16333763.jpg

















のーんびりの日曜日でリセットしたあとは、また月曜がはじまる。
なんともメリハリのある一週間に感じる。
[PR]
by maki2008maki | 2008-08-25 16:35 | 郷に入れば

工事開始時間、早すぎ!

e0128393_21503183.jpg

こちらの工事の開始時刻は早い。
朝7時半にドアのチャイムが「キンコーン♪」と鳴った時には、びっくり。
ドアを開けると「モルゲン(おはよう)」と普通に居る。
こっちは寝ぼけまなこだ。

しかし工事のおじさん達はドイツ語しか話せないので
話がなかなか通じず、思わずお互い同時に「ふっ」と笑ってしまった。
どうやら屋根工事を大家さんから依頼されてるようだが、
外のコンセントが壊れてて、結局室内のコンセントを使うことになった。
そうすると出かけることも出来ない。
電子辞書を使って「何時に工事は終わるのか?」「外出したい」とか
適当に単語を並べて一生懸命訴えてみる。
なんとか通じたよう(笑)
結局、換気用に斜めに開けた窓からコードを差し込むことに。
e0128393_214167.jpg

↑こんな風に、取っ手の向きひとつで、ドイツ住宅の窓は、
どこでも上部が斜めに少し開くようになってる。
(昔、これを知らずに、ドアが壊れた!とホテルで大騒ぎして苦笑された過去あり。)

この工事、その後5日も続いた。
なんか屋根の鉄板や石瓦をはがして取り替えてるらしく
すんごい音だけでなく、いろんなカスやゴミが降ってくる。

金曜日などは3時くらいで、あっという間に、
サァーっと帰ってしまった。
ドイツ人は金曜日は早く帰ってしまうんだって!
友人の話だと、地面を掘り起こすだけしておいて
金曜日はやはり3時くらいでサァーっと帰ってしまい、
友人家族が週末困ったのと、
帰るなら、掘るのは休み明けにしたらいいのに〜と思った、らしい(笑)
e0128393_21403962.jpg

ウチに来たおじさんは、上着は置いてくわ、作業鉛筆忘れてくわ、
飲んだリンゴジュースのボトルは置きっぱなしだったり、
その日は急な大雨があったせいだと思うが、
かなりのあわてものぶりに、なんか笑ってしまった。

金曜日は一体、帰ってどんな過ごし方をしているのか、気になるところ。
家族を一番大事にする国なので、
きっと家族と楽しく過ごしてるのかな、と、想像はふくらむ。
[PR]
by maki2008maki | 2008-07-16 21:42 | 郷に入れば

晴れのち土砂降りのち快晴

e0128393_732194.jpg

とにかく変わりやすい天気。
快晴で夏日だからと、庭で子供をプールに入れることもあれば
雷が鳴って大雨で肌寒い日もある。
一日の中だけでも、ものすごく天気が変わり、
気温も変わる。
晴れだと思って散歩に出ると、突然土砂降りにあい、
歩いて5分なのに、寒くて仕方なくタクシーに乗ったり。
と、思えば次の瞬間には快晴でスコーンと暑い。

最近は、雲行きが怪しくなると、
雨宿りするところを探すか、
子供用にはフード付きのレインコートを常備するようにしてる。
空を見てると、すごい速さで雲が動いてる。

先週の休みに自転車を子供に購入したら、
2日目に、ムスコは自転車に乗れるようになった。
今週は朝から晩まで自転車乗りの付き合いをせがまれ続けてる。
片付け引きこもり生活から一変、外へ出ずっぱり。
(このおかげでご近所さんとの交流のキッカケにもなり、良かったかも)
なので、天気がとっても気になる今日この頃。
e0128393_7332472.jpg

↓この5分後は
e0128393_7341247.jpg

見事に変化。
e0128393_7352723.jpg

で、またこうなる(バス停で雨宿り)。

全然読めない!
今の季節はそれが当たり前なのかな?

数年前に日本ですごく探して(レトロな様子が気に入って)購入した
ヨーロッパ仕様で、水玉模様のレインバブーシュカ(ビニール三角巾?)。
あごの下で紐を結ぶのだが、友人には物好きだと笑われた。
先日、これと同じようなのを、お洒落な感じで
実用してるおばあさんを、本当に見かけた。
これほんとに、こちらではお役立ちものなのかもしれないー!
船便に入れてあるから、到着したら
私もカバンにしのばせ、急な雨に備えよう(笑)。
[PR]
by maki2008maki | 2008-07-11 07:41 | 郷に入れば

初めての病院

子供よりも先に私が、初病院・・・トホホ。
日本人の先生や通訳がいる病院があるんだけど、
その病院も夏休み中で閉まっている。
この時期は気をつけないと夏休みということが多い。
他を見つけたものの、たまたまその日は日本人の先生が不在の曜日。
初めての病院なので、一応英語の出来るパパに、出勤を遅らせてついてきてもらう。

早朝、いままでに経験のある症状が出たので、
すぐに、その症状の説明をドイツ語でも説明できるように、必死で調べてみる。
けっこう日本で薬のネーミングに使ってる、ドイツ単語があることを発見。

受付を済ませて待っていると、さらに別室で待たされる。
締め切っている小部屋。明るく小ぎれい。
もうひとり外国人男性がすでに待っていた。
これがけっこうな時間待たされた〜

診察室に移動しても、さらに待たされ、
やっと先生が来ると、
始めに握手と紹介からはじまる。
すごく丁寧に説明してくれて、なんかのんびりだ(笑)。
結局「膀胱炎」。(食事中の方ごめんなさい。)
「毎日水を2リットル飲んでくださいねー」とアドバイス。
引っ越しと暑さとで疲れていたのが、こんな形で出たらしい・・・。
「夏の終わりには多いんですよ〜」だって。
「夏の終わり」っていうのに、つっこみを入れたくなったけど
ドイツでは、もう夏も終わりなのか〜?
いやしかし、のんびりしてて、こりゃ次の人は待つはずだ〜
(・・・日本のお医者さんって、結構ササッて終わるよね?)

病院ではお金は支払わない(保険で後処理みたい?)で、
日本と同じように処方箋をもらって、
近所の処方箋薬局(アポケテAPOTHEKEという)へ行って、薬をもらう。
薬だけは、その場で支払い。

アポケテは処方箋以外にも、ドラッグストアと病院薬の間の商品群も揃っている感じ。
メディカルハーブティー(ドイツ人は病院に行く前に飲むというハーブティー)とか、
ドクターズコスメとかずら〜っとある。
大小あるが、大きいところは自然食コーナーなどもあるよう。

虚弱体質の私には、とーっても興味深い所なので(笑)、
元気になって時間があるときに、今度じっくり観察してみようと思う。
[PR]
by maki2008maki | 2008-07-04 18:00 | 郷に入れば


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧