ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:○スイスへ( 4 )

パウル・クレーMUSEUMと湖

e0128393_1650215.jpg

スイス旅話、まだ続いてます(笑)
スイスアルプスから帰る途中にあったので寄り道した
スイス出身の画家パウル・クレーMUSEUM。
2005年に完成した建物は、関西空港を手がけたレンゾ・ピアノの建築。
ガイドブックに載ってた小さい写真を見た限りでは、モダンなルックスで、
ちょっと見ておく?トイレ休憩する?くらいな気分で寄ってみました。
・・・が、想像以上にのどかな景色の中にあったのと(街中にあると思った)、
年数を経て、個性的な建築様式がワサワサした緑と一体化してるのとで、
いっぺんに好きになりました。
窓からは緑がいっぱい見える。
e0128393_165401.jpg














畑と同居してるのが、なんとも魅力的。
e0128393_16544636.jpg














時間がなくて、作品群は見れなかったけど、
建物の中に居るだけで、光が溢れていて、
気持ちよい空間。
e0128393_16553051.jpg
e0128393_16565785.jpg




























地下には子供が作品を作るスペースが1フロア分!
貸しエプロンも沢山ぶらさがっていました。
こんなところでワークショップ受けれたら気持ちいいだろうなぁー。
近所の子供がうらやましい。
e0128393_16592779.jpg
e0128393_1703099.jpg




























ここのMUSEUMの絵本もありました。
e0128393_20174185.jpg














パンフなどもユーモア抜群。
子供がアートに楽しく関われる作り。
(パウル・クレーの抽象画に使われてるモチーフがちりばめられて
真似して描くうちに、知らず知らず親しめるようになってる!?)
e0128393_2018125.jpg














何の気なしに、寄り道した湖がとても良くて
思わずのんびり長居していました。
水は透明で、裸で泳いでいる人や、自分の船?でくつろぐ人や犬の散歩の人がいて、
「ザ・休日」って感じ。
e0128393_1724488.jpg
e0128393_1733567.jpg




























そんな空気にすっかりリラックスした子供たちは、
湖の際まで岩場を降りていって水を触ったりして大喜び。
e0128393_1742228.jpg


















気持ちが解放されると、動きものびのびして全然違うものだなぁーと、しみじみ。
人には自然がやっぱり必要なんだーと再発見した、スイス旅でした。
[PR]
by maki2008maki | 2009-06-02 17:04 | ○スイスへ

スイスの小さな家と牛渋滞。

e0128393_5285212.jpg

宿泊したグリンデルバルドという
山の麓の周辺を散歩すると、
スイスならではの可愛らしい家や、ひつじややぎ、牛を
近くで見ることができます。
スイスの家は木造で、外側の木枠に彫り模様がほどこされていて可愛い。
どこまでも地面は緑色の草絨毯で、
山々との素敵なハーモニーも絵になる感じ。
カウベルという牛の首輪につけているベルを飾りにしてる家も。
地元のおばあちゃんのお散歩も、なんだか良い感じ。
e0128393_5303392.jpg













e0128393_5312492.jpge0128393_5315119.jpge0128393_5321713.jpge0128393_5325196.jpge0128393_5332157.jpg



















































このカウベルの音色がカラーンコローンと
山景色に響き渡る様子が、なんとものどかで好印象。

ロープウエイや、ねじれてる滝や、スライダーなどあり、
子供もけっこう楽しめます。
スライダーは山々の合間を縫って滑るのでスリル満点。
e0128393_5345581.jpg


















これに乗ってシューッと滑ります。
e0128393_5353122.jpg














突如現れたスライダーの人形看板にびっくり(笑)
e0128393_5362065.jpg














村の道で、渋滞してるなーと思ったら、牛!でした。
散歩コースを外れて道路に出てきちゃったみたい。
牛飼いがあわてていました。
スイスの村っぽくて、楽しい出来事でした。
e0128393_20345173.jpg














この村のレストランのランチョンマットも山の地図。
お皿にはエーデルワイスの花の模様。
ゴハンが来るまでぼーっと眺めます。
e0128393_544238.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-31 05:37 | ○スイスへ

スイスアルプスでソリ

e0128393_1651397.jpg














ドイツは4連休だったので、
この間通りすがりにしか見れなかったアルプスの山に、
今回はグイッと入り込んでみました。
車で5時間くらい。

目指すはユングフラウヨッホという山。
世界で一番高い場所に日本のポストがあることでも有名な場所。
登山電車の窓から見える山々の景色は素晴らしい!
e0128393_1652152.jpg














途中、宿泊したホテルでは半袖でも暑かったのに、
登山電車で2時間も登ると
どんどん、どんどん、雪が増えていき、
しんしん、しんしん、寒くなっていきました。
e0128393_165258100.jpg


















もう、ここは真冬・・・。
子供たちは寒さに泣きそうに。
外に出ると壮大な山々の景色と、強風と寒さと、スイス国旗とに、
山頂に到着したぞぉ〜な、登山家の気分になりました(笑)
e0128393_19541327.jpg














アイスパレスという氷だらけの場所もあり、
体の芯から冷えました・・・。
e0128393_178561.jpg


















少うーし下ると、風も弱く、
スノーディスクというソリや、犬ぞりが楽しめるところがあり、
子供たちは元気をとりもどしました。
スキーをしてる人や、歩いている人、お茶してる人、
みんな様々に楽しんでいました。
山々を見ながらの珈琲、美味しい!
穴(割れ目)注意!の標識。ビクビク・・・。
e0128393_16544810.jpg


















スノーディスク。
e0128393_1657687.jpg














私もトライしてみたけど、面白かった!(腹筋が痛くなったけど・・・)
e0128393_16581384.jpg


















犬ぞり。
犬は気分やさんなので、コースを外れたり、じゃれ合ったり。
みんな自分の番でコースを外されないかドキドキ。
犬たちは、本当に良く働いていました。
e0128393_16592928.jpg














オンシーズンなだけに、人も多かったけど・・・
こんなに雪遊びができるとは思いませんでした。
夏でもここは雪があるみたい。
行く方は、防寒対策しっかりね♪
(靴にも雪が入ってくるので、子供の替えの靴下必須!?)

眺めの良いレストランの紙ナプキンやレシートなど、
どれもこれも山のイラスト入りで嬉しい。
e0128393_1734043.jpg














とっても気持ち良い中腹の休憩所(クライネシャルディック)で、
小さなお土産やさんを覗いたり、
e0128393_17623100.jpg


















ハイキングしてる人を眺めたり、
子供たちは、山の絵を描き始めたり、
かなりのんびーり長居しました。
季節も良く、天気に恵まれたことに感謝。

お土産のデザインによく使われている、
エーデルワイスという高山植物の本物を見てみたかったです。
ちゃーんと登山靴を用意して
ハイキングがしてみたくなりました。

オマケ☆
本物の雪山をバックに、雪山ユングフラウヨッホのスノードーム。
e0128393_1791362.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-30 17:10 | ○スイスへ

スイスを越えて

e0128393_4244951.jpg

今回のイタリアへは、スイスを横断しました。
スイスに入ってすぐにアルプスの山々の雄大な景色に歓声。
ドライブインのような休憩所で少し休んで、しばしスイスを楽しみました。
スイスの家は、焦げ茶の木の壁にグリーンやレッドの窓枠が、とても可愛らしい。

なんといっても、子供たちにとって、スイスはハイジの世界。
この間見たばかりのハイジのDVDの中で、
「ハイジが落ちそうになった崖はあそこだ!」とか
「ハイジが住んでた家、あの山の上に見つけた!」とか
けっこう盛り上がっていました。
本当にハイジのアニメにでてくる景色そのもの。
色んな種類の牛がのんびりする丘の、まるで絵本のような風景は、
ロングドライブでドイツの畑風景に飽きてきた私たちへの、
素晴らしいショータイムのよう。
e0128393_4253821.jpg














アルプスを越えるには、数々のトンネルを抜けますが、
一番長いもので17キロ。
ここでは常に車の入場制限をしています。
休憩所では、トンネル事故を防ごうと様々な工夫をこらしていました。
トンネルデザインの窓を覗くと、事故などの危ない場面の写真が見えます。
気を引き締めて行きましょう!
e0128393_4262538.jpg


















そうそう、スイスでは高速道路代金がかかりますよ〜(行く人は注意してくださいね)
国境越えたらすぐの施設でステッカーを購入して、フロントガラスに貼ります。

休憩所では、スイスの家のスノードームを見つけました。
(スノードーム集めてます)
e0128393_4272821.jpg














スイスっぽいパッケージのお菓子。
見かけはクリまんじゅうみたいで、
食べると、クリスマスっぽいスパイスが効いた独特の味。
e0128393_4281039.jpg














国旗の色のパッキリした赤が、ものだけでなく、建物や看板など
いろんなところに使われているのが印象的な、
つかの間のスイスでした。
[PR]
by maki2008maki | 2009-04-29 05:17 | ○スイスへ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧