ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:○スペインへ( 3 )

ラクダに乗りました

e0128393_6113099.jpg

ラクダに乗りました。
ほとんど砂漠のようなカナリー諸島の土地には、ラクダやヤギがたくさん。
30分のラクダ散策コースは、海が見える丘の頂上まで行って帰ってくるルート。

親子ペアずつで乗ろうと思ったら
左右の重量バランスのために、子供たちだけで乗せられてしまいました。
ラクダが立ち上がると、意外と高くてびっくり。
初めはちょっと顔がひきつり気味だった子供たちも、
慣れてきたら、見晴らしの良さをけっこう楽しんでたよう。
ウンチをポロポロするのに爆笑してました。
e0128393_613040.jpg














暑い中30分くらいラクダに揺られるのは、けっこうきつかった〜
揺さぶられすぎて、酔ってしまいそうだったけど、
海が見える景色はスカッとしました!
e0128393_6145511.jpg














ラクじゃなかったけど(笑)、良い思い出になりました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-09 06:15 | ○スペインへ

ライアンエア

e0128393_7134797.jpg














今回の旅行では、
偶然にも隣の島へ行ったbitteさんと同じく、滞在ホテルを中心に考えたので、
フライトはRYANAIRという格安の飛行機を使いました。
この飛行機、ちょっと今までに体験したことがないものづくし。

○空港がHARN 空港という、片道2時間くらいかかる地方空港から出ていて、遠い。
○飛行機に乗る時は、寒ーい強風に吹かれながら、えっちらおっちら歩いて乗り込む。
○預ける荷物が15キロまで。
○機内サービスが最低限だとは知っていたけど、飲食が全て有料。
などなどなど〜・・・

荷物はまんまと超過料金をとられるし、
歩いて乗り込んで機内でほっとしたところに、
配られたメニューには、ばっちり販売価格が!
帰りなんて夕食時に平気で2時間もフライトが遅れた上に、
食べ物がほとんど品切れ〜!(怒)
いやぁ・・・子供と義母義父に申し訳なかったです・・・。
旅行好きの義父には「中国で乗った、カーペットが剥がれてるおんぼろプロペラ機でも、飲み物は出たなぁー」と、
驚きのお言葉をいただきました(苦笑)
着陸成功時は、乗客が一体となって、大拍手が巻き起こりました。(行きも帰りも)
↓と、遠いし寒い。
e0128393_7153458.jpg














↓まさか外を歩くと思わなくて、上着の下は薄着。
ごめんね、子供たち。寒風に吹かれてがんばった!
e0128393_716272.jpg


















↓なのに、有料〜。
サンドイッチ2個入り5ユーロ(まずい)、缶ビール5ユーロ。
e0128393_7173578.jpg














↓黄色と青色がスカッと気持ち良い。けど、もちろん狭い。
e0128393_7282269.jpg



















苦労代や(笑)超過料金や飲食代などを考えたら、それほど格安でもないかも?
と、いう思いが頭をぐるぐる。
ええ、もう多分乗らないでしょう〜。きっと。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-07 07:29 | ○スペインへ

カナリー諸島

e0128393_7332566.jpg

年末年始、寒いドイツから抜け出して過ごしたのはカナリー諸島。
スペインだけど、アフリカ大陸のモロッコのすぐ隣に位置する小さな島々。
その中のFuertventuraという島に行きました。
フランクフルトから約5時間のフライト。
日本人にとってのハワイは、ドイツ人にとってのカナリー諸島、なんだそう。
残念ながら日本からの直行便はなく、ガイドブックもありません。
とにもかくにも、「できるだけ暖かいところ!」ということで、ここに決定。
大滝詠一の「カ〜ナリアン、ア〜イランド〜♪」という歌が、昔あったのを思い出しました(笑)

マイナス気温のドイツからは、暖かいというだけで感謝感激!
寒さで力が入っていた体がゆるむのがわかりました。
暖かいって有り難い・・・。
e0128393_7235065.jpg














ベージュ色の砂と、抜けるような青い空と海、
サボテンと、コンクリートの四角い建物と、薄赤茶色の荒涼とした土地。
スペイン語で「オラ!(こんにちは)」という声が明るい。
アフリカ大陸を近くに感じる乾いた空気。
駱駝と山羊。
e0128393_72501.jpg


















朝起きて朝食をとったら、いちもくさんに屋外プールへ。
子供はやたら元気だけど、大人にはプールの水はやっぱり冷たくて、
最後はふるえながらのギブアップ。
ぶらりと散歩したり、男性陣はゴルフしたり、
子供の遊びも充実していて、映画の上映やKIDSディスコ(リトミック?)もあり、
親切なホテルだからなのか、親子連れも多く、本当にのーんびり過ごせました。
8日間いたけど、まだまだぼーっとできる!というのはみんなの一致した意見。
いくらでもぐだ〜っとできる家族なのでした(笑)

↓ゴルフ場の建物はコロニアル調だけど、人々はカジュアル
e0128393_7265735.jpg


















↓サボテンはスーパーでも野菜のように普通に売られていました。
e0128393_7273832.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-06 07:30 | ○スペインへ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧