ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:パン作り、お菓子作り( 9 )

パンベルデュ

e0128393_819448.jpg



















パンベルデュ(フレンチトーストのこと)に、はまっています。

今までは、残ったバゲットを使って仕方なく、
しかも焼く少し前にササッと卵液につけてたのですが、
前の晩に卵液につけておいて翌朝に焼くと、
皮までフワフワで柔らかくなって美味しいと知り、最近そればっかり(笑)
まるで、パリのラデュレで食べたパンベルデュ(フレンチトーストのこと)のよう。

コツは、バターでじっくりめに焼くこととと、
斜めにカットしないで、真っ直ぐカット(輪切りってことね☆)すること。
そして、メープルシロップと生クリーム(お手軽スプレータイプでも)をたっぷり!

前の晩からつけるので、忙しい朝も楽ちんになり、一石二鳥♪
柔らかいのでナイフいらず。
今まではあまり食べなかったうちの子供たちも、大好きになりました。
友人たちにも好評(だよね?)。

ラデュレのパンペルデュ食べたことある人も、ない人も、
ぜひぜひお試しくださいね~
[PR]
by maki2008maki | 2010-01-19 08:19 | パン作り、お菓子作り

シュトーレン作り

ドイツのクリスマス時期には欠かすことの出来ないシュトーレン。
ナッツやドライフルーツが沢山入ったパンみたいなもの。
アドベント時期に作って、毎日薄く切って少しずついただくそう。
日本のおせち料理のように、日持ちがします。

今回はそのシュトーレンを、ドイツの方に教えていただきました。
料理ベタでお菓子作り初心者な私でも、作ることが出来ました!
コツは、
いろんなスパイスや柑橘類の擦った皮を入れること、
森の蜂蜜とクヴァルク(ドイツのクリームチーズ)たっぷり入れること、
粉は2種類使うということ、
バニラは粉(日本にもあるのかな?)を使うこと、
仕上げの粉砂糖はブラウンシュガーを自分で粉末にして使うこと、かな。
作っている途中はアートしてて楽しい〜
e0128393_1735272.jpge0128393_17353370.jpge0128393_1736820.jpge0128393_17363064.jpg





































最後は、溶かしバターをかけて、粉砂糖をかけるのですが、
子供のお迎えがあったので、この作業は友人にお願いしちゃいました。
こんがり焼けて、また手元へ戻っておいで~と、去り、
e0128393_17415756.jpg















こんな姿で戻ってきてくれました♪
焼けて、ややビッグサイズに。
どどーん。
e0128393_17384943.jpg


















シュトーレンの歴史は古く、
その形はキリストが赤ちゃんの時の姿とか、枕だとか、いろいろ言われています。
今では様々がアレンジがなされて、様々な味があるらしいです。

シュトーレンは作った日には食べず、
だいたい翌日から3週間くらいが食べ頃みたい。
翌日に友人が食べたら美味しかったよと言うので、それならばと早速食べてみると・・・
え~っ!お、美味しいじゃないっ!!!
みんなが口を揃えて言うように、珈琲に合う!合う!と驚きました。
なんで驚いたかというと、
あのその、実は私・・・正直言って・・・シュトーレンがあのその・・・あまり好きではなかったのです(小声)
ですが、美味しかった!(きっぱり)
同じ日に友人から、美味しいケーキやさんのシュトーレンをいただき、
こちらも美味しかったんです。
単純なことに、1日にしてシュトーレンが好きになりました。
もしかして、味覚がドイツ化したのか!?(笑)
作って日を置かないものが好みなのか!?どうかわからないけど、
シュトーレンにもいろいろあるんだなぁー、
自分好みのシュトーレンを自分で焼けるようになりたいなぁーと、思った1日でした。
あ、ムスコはラムレーズンを全てほじって残していました・・・。
ムスメも苦手そうだったので、子供向けではないのかも〜
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-12 17:44 | パン作り、お菓子作り

ふわふわ欠乏症!?

e0128393_17331753.jpg














日本にいる時はそんなことなかったけど、
ドイツではなかなかお目にかかれない「ふわふわ」っとした口当たり、
それだけで幸せな気持ちになります。

ふわふわっとしたものの代表格のシフォンケーキが
無償に食べたくなって、
この間、母がドイツに遊びに来た時に、
大きなシフォンケーキの型を持ってきてもらいました。
作ったことないので(笑)、作り方の本も専用ナイフも一緒に!
e0128393_17343487.jpg


















母にとってはかなり迷惑なシロモノだったと思うけど、
これが、大変な思いをして持ってきてもらって大正解。
初心者の私でも簡単に美味しくできて、自画自賛です(笑)
初めて作った時は、「おぉ〜ふわふわだ〜」と、異常なまでに感動!
あまりケーキが好きじゃないウチの子やオットなども、パクパク食べてくれるので、
嬉しくて何度か作ってみました。
e0128393_17353730.jpg














ウチでムスコの誕生会をした時のバースデーケーキも、これをベースにしました。
この時は子供よりもママ達に好評。
どうやら子供たちは、ふわふわ欠乏症ではないらしい・・・
問題は、クリームなどでどう飾りつけても、真ん中の穴は隠せないこと。
これをどううまく処理するのかが、今後の課題かな〜
フルーツを詰めればいいのかな!?
板チョコをパカッと乗せちゃう!?(笑)
ちょっとキタナクなっちゃった(あわてて作成)けど・・・
e0128393_17375738.jpg














さらに調子に乗って、
持ち運びようのケースまで購入しました。
シフォンケーキ用じゃないけど、ちょうどいい♪
こんな風なケーキ持ち運び用のケースがいろいろあります。
ケーキだけでなく、おかず用の平たくて取っ手が付いてるケースなどもあって便利。
さすが、おウチに集まるのが好きなドイツって感じがします。
e0128393_17385359.jpg


















せっかく大きい型とケースを買ったので、
沢山の人と一緒にふわふわを共有したいです。
ふわふわ欠乏症の人、お知らせ下さい(笑)
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-12 17:42 | パン作り、お菓子作り

バースデーケーキはハムケーキ!?

e0128393_730951.jpg

苦労した誕生日ケーキのこと書いておきます(笑)
クラス20名分のケーキをどうしようか、けっこう悩みました・・・。
カップケーキが主流だけど、何回も焼かなくてはいけないし、
ケーキは前日に作っておきたいので、生クリームやフルーツは使えないし・・・。
結局、カトルカールというカステラみたいなケーキに
ムスメの好きなピンク色、のマジパンを使ってコーティングすることにしました。
マジパンを扱うのは初めてだったけど、これなら前日作業でも大丈夫。
素人ながら挑戦してみました。

カトルカールはフランスの家庭で人気のケーキ。
タマゴ、バター、砂糖、小麦粉の4つが全て同じ重量で焼くケーキなので、配合は簡単。
250gバターや砂糖がそのまま一包み使える分量にしたので、容器も汚れず便利。
ふわっとするように卵白をしっかり泡立てて、最後に加えました。
クリームなしでも美味しいケーキ。
しっかり卵白を泡立ててれば、私のような素人さんでも失敗なしで作れます。
↓25センチ角。これでも小さいくらい。一人あたり5センチ角?
e0128393_7305712.jpg














マジパンは、アーモンド粉を砂糖で練ったもので、
ドイツではお菓子にけっこう使います。
日本の飾り用のだけの白いものと違って、
ドイツで売っているのは食べても美味しいローマジパンと呼ばれるもの。
これは色がベージュなので、色づけすると濁っちゃってあまりキレイに発色しません。
濃いめのピンクに色づけしたつもりだったんだけど、グレーな感じに・・・。
↓左の小さいのが売ってる状態のもの。右が色づけしたもの。
e0128393_7314734.jpg














↓マジパンは、綿棒で薄く薄ーく伸ばしていきます。
(こうしてラップにはさむと扱いやすい!)
ムスメ、自分のケーキを手伝う。
e0128393_7322796.jpg


















私が、一心不乱にケーキにマジパンコーティングしていると、
「あ!ハムみたい!」
子供達が一言、言い放ちました。
えぇっ!そ、そう言われると、た、たしかにハムみたい。
ハムにしか見えなくなってしまいました(苦笑)
↓マジパンでコーティングした状態。ハムケーキ!?
e0128393_7334842.jpg














できあがりは冒頭写真。
飾りつけしたら、もうハムとは呼ばせません!(笑)
無事にできあがって、あぁ・・・良かった・・。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-13 07:33 | パン作り、お菓子作り

生イーストでパン作り

e0128393_1482990.jpg

夏の日曜日は公園が定番だったけど、
冬は外にも出れないので、自然とパンを焼くようになりました。
(パンでも焼かないとやり過ごせない!)
実はもう何回も失敗に失敗を重ね(笑)
今回、やっとこさっとこ家族に美味しいと言われるパンが焼けました!
たまたま、あんぱん!!!
e0128393_1485080.jpg














あんこは、おしるこでも食べたくなるかな?と2つだけ持ってきたこしあんの缶詰。
貴重なこしあんをどばっと使ってしまいました。
(もっと持ってくれば良かった〜!)

パンは単純な作業だけど、発酵に気をつかいます。
焼きも前回のオーブンの失敗から、最後にちょこっとだけ焦げ目をつける感じで。
基本的に私はちょっとヨーロピアンな堅めのパンが好きなので、
ハードめなパンをはじめは作っていたんだけど、子供に不評(笑)。
失敗作のせいで余計に硬くて×。
なかなか成功しなくて、簡単に出来るレシピをやけくそ気味で試してみて、
楽しんじゃえ〜!と、子供達にも、好きな形を作ってもらいました。
(ムスコはチクチク細かい作業、ムスメはおおざっぱで、性格が良く出てます・笑)
e0128393_1495158.jpg














これがなかなか子供が好きな感じに仕上がり好評。
今回は、それに、あんこを入れてみたら、大好評!
作るのは何時間かかっても、食べるの3分!
食べてもらえないよりは、嬉しいことですね。

いや〜しかし何回作ったんだろ???
やっとここまで辿り着いた気分。
パン初心者、がんばってます(笑)
日本からホームベーカリーを持ってこなくて
とっても後悔してた時期があったけど、
なくても全然大丈夫!
お手伝い気分にムラがあるけど、子供達もバンバン捏ねてストレス解消〜。
「ドイツ語で何言ってるのかわかんないのよぉ〜」だとか
「本当は言いたいことあるけど、すぐにドイツ語が出てこなくてくやしい〜」だとか
私も思いきりバンバン捏ねます(笑)
子供達も日頃の何かを、ここでぶつけて欲しいです(?)
e0128393_1505362.jpg


















ドイツでは生イーストがスーパーでも気軽に買えるので
これを使っています。(匂いがすごい・・・)e0128393_1513731.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-24 01:55 | パン作り、お菓子作り

まっくろ林檎ケーキ

こう寒いと気軽に外にも出たくなくなります。
先週は、ムスメが咳がひどく、幼稚園を休んでたのもあって
おうちでゆっくりおやつのケーキでも作ろうと思ったら・・・
うっかりまっくろけっけ(苦笑)
e0128393_1121574.jpg














あ〜あ、やってしまいました。
むかーし母から教わったレシピで、私が思い立って作れる程簡単なはずなんだけど。
その理由は、ドイツのオーブンを使いこなしていないんです!
説明書が読めないので、適当に使ってます。はい。
ダイヤルがいろいろあって、以前冷凍ピッツアの箱に書いてある通りに
最後に写真のような扇風機の羽根のようなマークで最後焼いたら
こんがり焼けて美味しそうだったので、
今回も同じようにしてみたら・・・思いきり真っ黒(笑)
きっとこのダイヤルは短時間で焦げ目をつけるものだったんですね・・・。
e0128393_1141783.jpg














まっくろなケーキを見て、「ぎゃ〜まっくろ!いらなーい!」(笑)などと言ってた子供達。
表面だけのこげこげを取り去ったら、とっても美味しかったので
3人であっという間にたいらげてしまいました。(パパの分なし)
ヨーグルトが入っているので軽くしっとりしています。
次こそは!(そんなのばかり・・・)

他のダイヤルの使い方は、まだ謎・・・。
知ってる方、教えてください・・・。
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-24 01:14 | パン作り、お菓子作り

おたんじゃうびケーキ

e0128393_6103650.jpg

















初めて焼いたスポンジケーキは、自分のバースディケーキになりました(笑)。
子供達と一緒に作れたので、良い思い出。
ムスメは小麦粉のカシャカシャやる器具がお気に入りな様子。
私がそうであるように、ケーキ作りの空間や匂いや笑い声などが、
子供にとって、幸せの記憶になってくれたとしたら、とても嬉しい。

ドイツの生クリームはそのまま泡立ててもコシがないので、
「SAHNEFEST(ザーネフェスト)」という粉末を混ぜます。
それでもなんだかダラッとしたような粗い感じになってしまいます。
日本のようにきめ細やかでしゃん!として厚みあるクリームはないんです(涙)
だからなのか、ケーキやさんにも、ショートケーキみたいな
生クリームたっぷりケーキは、あまり見かけません。

中身には、(苺の季節じゃないので)苺の缶詰というのを使ってみました。
生とジャムの間くらいでアッサリ味。(↓写真左端)
トップにはフランボワーズ。
e0128393_6331151.jpg














これはこれで、とても美味しかったけど、
やっぱりスポンジケーキは、
「スポンジ&フレッシュ苺&生クリーム」の
黄金のハーモニーに勝るものなし!

ムスメと一緒に、ロウソクと焼いたアーモンドスライスを飾ったら
ぐっちゃんぐちゃんに(笑)
e0128393_611388.jpg


















ドイツ人は妻の誕生日にも休みをとるそうで、
ドイツ人じゃないけどパパも休みをとってくれました。恐縮です。
子供達からは私の似顔絵と工作物をもらいました。
ムスコの「おたんじゃうびおめでとう」(笑)。かわいいので訂正せず。
e0128393_6122235.jpg














今朝はめずらしくさっさと身支度を済ませたムスメの
「ままのたんじょうびにままがおこるとたのしくなくなるから
たのしいたんじょうびにするために、よいこにするの」という
突然の一言にびっくり。寝るまで何度かリピート。
その気持ちがなによりのプレゼントだったかも。(いつもよい子でいてね)

メッセージくれた方、ありがとう!!!
朝起きてとってもとっても嬉しくて、
良い気分で一日を過ごすことができました。
本当に感謝です。
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-29 06:23 | パン作り、お菓子作り

秋色プリン

e0128393_5113781.jpg














かぼちゃの大きいのがでーんとあったので、
かぼちゃプリンを作ってみました(もちろん初めてで)。
普通のプリンよりも、黄金色がこっくりとして秋っぽい感じ。
むかしむかし、母が作ってくれたのを思い出しました。
今日は一日中雨がしとしとで寒かったので、なんだかあたたかい気分に。
できたての熱々の味見が一番美味しかった!

かぼちゃどーん↓
e0128393_5154230.jpg


















今、ドイツは秋休み時期。
子供の幼稚園は休みではないけど、一週間、二週間とお休みの学校がほとんど。
いつもの毎日と、ちょっとだけ違う町の空気。
うちも秋休みと称して、明日からプラハ(チェコ)へ小旅行へ行ってきまーす。

今まで画像が重くて迷惑かけていました!
今回は小さい(軽い)はずですが、いかがでしょうか?
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-17 05:17 | パン作り、お菓子作り

チェリーのパウンドケーキ

e0128393_325567.jpg

ドイツに来てから初めて作ったお菓子。
チェリーやアーモンドプードル(こっちは皮付きを粉にしてるので茶色い)やバターなど、
日本で買うよりも安価で嬉しい。
日本では仕事をしてて、なんだか毎日全力疾走でバタバタしてたので、
日々の食事作るのと子供の世話で精一杯。
お菓子好きのくせに、お菓子を焼いたりは一切してませんでした。
(すぐ買いに行けたし、ね)
でも、いつかやろう!と、型とお菓子の本は、好きで買い集めてたので、
今、やっとそれらが活躍する時がやってきた〜!・・・のかな?

今回のは記念すべき(?)一作目で、へたっぴいだけど、
これからこれから。
記録として残しておきます(笑)
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-12 17:51 | パン作り、お菓子作り


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧