ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日帰りでお出かけ( 18 )

日帰りスキー

e0128393_1164755.jpg














車で2時間のところにあるWinterbergというスキー場へ行きました。
途中の景色も楽しめました。
e0128393_1324610.jpg














実は、日帰りで行けるスキー場はあまり数なくて、貴重な存在。
ドイツ南のアルプス方面へ行くと雄大な眺めを楽しめるようですが
車で6時間くらいかかってしまうので、
そうそう気軽には行くことができません。
景色は期待してなかったけど、まぁその通り・・・。
しかも、こ、混んでる!
日帰りで行けるというだけで有り難いと思いましょう!
e0128393_1175093.jpg














子供達は、去年岐阜の小さなスキー場で初めてスキーらしきことをしましたが、
ほとんどソリの方を楽しんでいたので、
スキーは、今回が初めてのようなもの。
ドイツでは初心者はスクールに入れるのが当然のような感じなので
(滑れないなら教わりなさいって感じで)
子供達もスクールに入れることにしました。
あるのはプライベートレッスンで一時間のみ。(小さいスキー場なので)
ドイツ人の若いかっこいい感じの男性で、当たり前だけど、ドイツ語か英語。
ドイツ幼稚園半年生活のみのドイツ語では、何を言ってるか理解できなかったようで、
見よう見まねだったみたい。ちょっとストレスだったかな?
こっそり様子を伺うも、二人とも、なーんかやる気なーいみたいな感じ(に見えた)。
しかも1時間は短すぎて、斜面登って終わり!?みたい(に見えた)。
妹指導中。待ってる間立ちつくすお兄ちゃん。おーい。
望遠レンズでこっそり撮影(笑)
e0128393_1212997.jpg














去年は親が「そうじゃなーい。ちがーう」と
スパルタチックにしちゃったらダメだったし、
親が後ろから支えて降りたら、親の方が体勢がきつくてもたなかったので、
今年は子供たちの様子を見守って、自然に任せようと思いました。
今日スキーに行く気になっただけ良かったね、という感じでした。

レッスンが終わって、
せっかくだから記念に一回みんなでTバーで登って降りて終わりにしよう、と
みんなで登りました。
Tバーは楽しかったようで、そんな気持ちのまま滑り降りたムスコは、
止まれず森(崖?)へ突っ込みそうになり、転んで足からまり、滑って起き上がれず、
思いのほか、思い通りに動けず、で、
気付くと、ひーんひーんと泣きながら頑張っていました。
レッスンは言葉が理解できなかったし、
自分が出来ないのがとても悔しかったようで・・・。
そんな様子に心打たれて、オットも私も一生懸命コツみたいなのを伝えようとしたら、
ある時、感覚がつかめたようで、泣いてたのが一転、笑顔に変わりました。
ボーゲンでカーブまで出来るようになって、一人で滑り降りれるように。
とっても楽しくなったようで、何度もTバーで登っては、滑り降りていました。
この変化にはびっくり・・・!

ムスメはあいかわらずマイペースで、
意外と簡単にシューッと滑り、人混みに平気で突っ込んで停止する始末(苦笑)。

うわさに聞いていたけど、こっちのスキー場ではメジャーらしい、このTバー。
こんなの↓
e0128393_127948.jpg














わかりにくいけど、二人だとこんな感じで乗ります。
e0128393_1283174.jpg














初めての体験でドキドキしました。
リフトみたいに座らないで、横棒に寄りかかる感じで縦棒を手でつかんで、
スキー板は地面についたまま、後ろからシューッと押される感じで登っていきます。
転倒者も続出。

一回ムスコと2人で乗った後、しばらく止まっていたので、
もしやムスメ!?と振り返ると
案の定、足がからまっちゃって転倒したムスメがドイツ人に助けてもらっていて、
一時停止してました。
「びっくりしたけど、泣かなかったの。すごいでしょ!」と
自慢なようでしたが・・・(笑)
Tバー、小さい子は要注意です。

とにもかくにも、最後は二人共楽しく終わったようで、あー良かった。
「また、スキーやりに行きたい!また、行こうね!」
という、嬉しくなる言葉を二人からもらい、一日が終了しました。
一時はあきらめたけど、どうやら、また家族で行くことが出来そうです。
[PR]
by maki2008maki | 2009-02-11 01:34 | 日帰りでお出かけ

MUSEUMの長ーい滑り台

e0128393_21445275.jpg














アルザスの帰りに寄った乗り物博物館。
AUTO+TECHNIK MUSEUM。
フランス国境近くのドイツのSINSHEIMというところにあります。
フランクフルトからだと、車で2時間くらいの日帰りコース。

もちろん自動車や飛行機などの乗り物コレクションは素晴らしかったし、
コンコルドにも乗れたけど、
なんといっても一番楽しかったのが、長ーーーい滑り台。
e0128393_21475439.jpg


















まずは、スリッパを大きくしたようなカーペット素材のお尻敷(?)を、
一人一枚ずつ持ちます。
e0128393_21491659.jpg














そして、階段を登って登って
e0128393_21511232.jpg














屋外の寒空の飛行機展示をくぐり抜け、飛行機内のスタート地点に。
e0128393_2152128.jpg














スタートする前から、ハアハア息切れ。
スリッパ部分に両足を入れて、布に座り、紐をしっかり持ってスタート。
e0128393_2153136.jpg














しゅるーーーーっとカーブもけっこうなスピード。
知らずに飛行機の合間を滑り降りています(笑)
e0128393_21534438.jpg














ゴール!
もう一回やりたい気分になるけど、階段を登ることを考えたら、一回で満足。満足。
大人も子供もキャーキャー言って、楽しんでいました。
e0128393_21525421.jpg














展示は見て回るのもけっこう疲れるけど、合間の滑り台は、
良い息抜きでした!

そして、観光地へ行くと探してしまう、
2セント硬貨でつくる、記念コイン作成マシーン。
e0128393_21593310.jpg

















集めています。
e0128393_221174.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-02-06 21:55 | 日帰りでお出かけ

自転車散歩開始!

e0128393_1955848.jpg

クロッカスやムスカリの鉢が店頭に並びはじめると、
少し春に近づいた気がします。

寒さも少ーしだけゆるんだ日曜日、
熱々のミルクティーと動物ビスケットと毛布を持って、
自転車散歩を再開しました。
e0128393_19575981.jpg














いつも行ってた裏の公園でなく、
あまり行かなかった反対側の川沿いに行ってみると、
散歩コースと公園があり気持ちがいい!
奥の方に、冬だから(?)閉まっていたけど、小さなビアレストランも発見。

沢山いる鴨にエサをあげる人や、散歩やジョギングをする人がいっぱい。
寒さがゆるんできて、皆、外に出たくなったんでしょうねー。
老夫婦でも仲良く手をつないで散歩してる人がほとんど!
自然な感じで素敵でした。
e0128393_19562449.jpg














川はまだ凍ってたけど↓
小枝にはつぼみがひっそりとふくらみかけていました。
e0128393_1957646.jpg














子供達も自転車を止めて、ビスケットを鴨にあげたり、
凍ってる小川に小石を投げたりして遊んでいました。
久しぶりの自転車散歩に大喜び。
こういう散歩をしてゆったりと過ごす日曜日が、やっぱり一番好き。
これから、寒さ戻らず、どんどん暖かくなるといいなぁーと願うのでした。
e0128393_19584639.jpg














オットは「ビールが飲みたい」と一言(笑)
暖かくなって、見つけたビアレストランが開く頃に、また行きましょう。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-26 20:00 | 日帰りでお出かけ

アウトレット

e0128393_1943441.jpg














こちらに住み始めて、初めてのアウトレット「Wertheim Village」。
お店の数は140件くらいで、車で1時間くらい。
多分一番近いアウトレットなんだと思います。
3年前の旅行の際に姉と訪れたことがあり、
その時はシュタイフ(テディベアが有名なドイツのメーカー)の店で、
お土産を兼ねて、子供にぬいぐるみを買ったりしたけど、
今回は実用重視(笑)

目的としていたもの(ムスコムスメのフォーマルウエアだったんだけど・・・)は一切見つからず、
目的外の購入荷物がどーんどんどんどん、みるみーるうちに増えていきました(笑)
普段ものが少ない街に暮らしてるせいかどうなのかわかりませんが、
最近、買い物がとっても早くなりました。予定外のものでも即決。
子供の限界が来る前に、お買い物終了。

最後にお茶したカフェで、
「キンダー(子供)カプチーノ¥0 オーネカフェ(珈琲抜き)」とメニューにあったので
どんなの???と、二つ注文してみると、
見かけは大人のカプチーノと同じようなものが小さい紙コップに入って出てきました。
子供が喜んで飲むと「あれぇー泡だけーぇ」との声。
珈琲抜きのフォームミルクだけだったんですね(笑)
ドイツは子供サービスが必ずといいほどありますが、
アメリカンなこのカフェの、ドイツ風子供サービスは、これだったみたい。
気持ちが嬉しい。
e0128393_1944690.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-26 19:44 | 日帰りでお出かけ

デュッセルドルフで日本を楽しむ

e0128393_192825.jpg














ドイツのデュッセルドルフという街に、行きました。
ここは日本企業も多く、日本人の方も沢山住んでいて、
日系のお店がドイツで一番多く、日本を最も感じられる街。
車で2時間くらい。
e0128393_19301168.jpg


















かわいい看板やポスターも見かけたけど、
やっぱりここへ来たからには日本を楽しもうー!

インマーマン通りへ行くと、看板も日本語だったりで
ここは日本だったっけ?と思ってしまいました。
そこで、ヨーロッパ一美味しい!?と言われてるラーメンを食べました。
初めは「へ〜ラーメン?それよりもお寿司がいいなぁ」などと言ってた私。
んが、期待してなかったせいか?ドイツに住んでるせいか?とーっても美味しく感じて、
みんな無言で完食。夢中で写真も撮れず(笑)

ラーメンだけでも、かなり満足だったけど、
日本の本屋さんで、最新雑誌を「立ち読み」!
そうそうそう、こんなことしたかったのよね。
裏表紙を見ると2倍以上の値段の値札シール。
ムスメが欲しがった子供雑誌500円が、約1500円だったので、
これは・・・あきらめてもらいました。

そして、偶然立ち寄ったMUJI(無印良品)。
日本で長年使っていたカレンダーがここのだったので、
同じものが買えて嬉しかった〜。
家族の予定を書き込みやすいシンプルなもの。
きちんとドイツの休日シールが付いていました。
日本の無印良品と同じ空間で、なんだかホッ。
レジのドイツ人のお姉さんが恐ろしく作業が遅かったので、ドイツを感じたけど(笑)
日本の値札シールそのままの商品がほとんどの中、
値札が英語のみの、ロンドンMUJI製商品も少しありました。
日本でも売ってるのかしら?
モダンな折り紙(ハリネズミや鶴のグラフィック付き)や、
↓木のマップピンを購入。海外向け商品???
e0128393_19285948.jpg














「ラーメン」、「日本の雑誌の立ち読み」、「MUJI」、
この3つのために、またデュッセルドルフへ行きたい!と願うのでした〜。
次回は日本食材も買い込みたい!
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-20 19:30 | 日帰りでお出かけ

ドイツでMURAKAMI

e0128393_20503987.jpg














街中にあるモダンアートミュージアムで、村上隆の展覧会をやっていたので
ちょっと見てみました。
日本でというよりも、世界で人気がある感じのMURAKAMI。

いや〜壁紙も床もMURAKAMIアート柄になっていて、お金がかかっていました(笑)
ドイツ人の若い男性とか、洒落た感じの大人のカップルなどが沢山来ていました。
数カ所にスクリーンやテレビ画面で、映像作品が流れているんだけど、
日本語のセリフや歌に、ドイツ語の字幕がついてて不思議な感じ。
ひとつ、ちょっと(かなり)理解不能な感じの映像があって、
短編が終わるたびに、見ているドイツ人が肩をすくめて困った感じで笑い、
目が合ったりするんだけど、
そ、それは私でもわかりません〜という感じでした・・・。

ルイヴィトンとコラボした、モノグラムのパターンは美しかったです。
カラフルなモノグラムの柄の丸いパターンの代わりに、
目のイラストになっているものの色合いが、特に。
でも、どうしても嫌悪感を持ってしまって、見るのもイヤなものが、正直ありました。
e0128393_20514889.jpg














ショップもけっこうな賑わい。
ど派手なフラワークッション(花に顔がついてるデザイン)2つお買い上げなのは、
白髪をオールバックにしてロングコートを着た上品な老紳士。
カイカイキキ(キャラの名前)の缶バッジを真剣に選んでいる、大人カップルも。
e0128393_20533341.jpg


















日本人には見慣れた感じのアニメや、日本の伝統芸術を取り入れた、これらの作品群、
ドイツの人の目にはどう映ってるんでしょうか???

平日の昼間は若者で混んでいました〜。↓
e0128393_20525267.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-12-16 20:55 | 日帰りでお出かけ

かわいいお店巡り

e0128393_18392989.jpg














あんまりかわいいお店に出会わないフランクフルト(笑)
電車で少し行くとザクセンハウゼンという林檎酒が有名な地域があるのですが、
そこに住んでる友人に、周辺を散歩がてら案内してもらいました。
飲んべえさんの町かと思いきや(笑)、お洒落な雰囲気の町でもあり、驚き。
少しだけど、想像してたようなヨーロッパ的な小さくてかわいいお店が点在してて、
とっても嬉しくなりました。
ヨーロッパにいるんだなぁと、久しぶりに女子的に実感できたような(?)一日でした。
そして、ドイツ語ぺらぺらの友人がいろいろと間に入ってくれたので
なんでもスムースに事が運び、本当に感謝。
小さな店に行けば行くほど、ドイツ語力が必要だなぁとひしひしと実感。
ドイツ語がんばらなくちゃ・・・。

ビネガーの量り売りの店や、マスタード専門店、子供の雑貨やさん、洋服やさん、
古いけど小さくて味のあるカフェ、どこか洒落た人々・・・。
子供達がやいのやいのと騒々しく、落ち着いて見ることが出来なかったので
再訪問しようと、固く心に誓うのでした(笑)
e0128393_1840117.jpg














一番エンジョイしたのは、普段行かない公園!だった子供達。
帰りはスヤスヤ。
おつかれさまでした。お付き合いありがとう!
e0128393_18403294.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-10 18:41 | 日帰りでお出かけ

蚤の市

e0128393_5171848.jpg

















土曜日に、こちらへきて初めて蚤の市に行ってみました。
毎週土曜日、川沿いで開かれてる蚤の市。
この日は天気も良く、暖かだったので、沢山の人出。

残念ながら、今回の蚤の市では、
欲しいものを見つけられなかったけど(けっこうがらくた?)、
来てる人々を見てるだけで面白かった。
人だかりスゴイ!と思うと、え〜っ、衣類の店〜?
取り合うようにして見て、山ほど買っている。
だいたいが、大きなエコバックを一杯にして歩いている。
あるおじさんのバックは鍋などの金物でいっぱいだった。

うーん、迫力。リサイクル精神の一端を見た感じ。
もう少しかわいいものが売ってるといいんだけどなぁ・・・。
景色の良いところを、のんびり散歩できたから良しとしましょうか。

*写真は、唯一かわいいかった、ブリキのおもちゃたち。
[PR]
by maki2008maki | 2008-09-30 05:17 | 日帰りでお出かけ


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧