ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:食べ物、飲み物のこと( 20 )

フルーツポンチとドイツのゼリー

フルーツポンチと言うと、なにやら懐かし〜い響きですが、
子供心に「ザ・楽しいパーティー!」のイメージがあって
子供が生まれてしばらくしたある日、キラキラしたガラスの専用の器を見た途端、
ついフラフラッと通販で買っていました。
もろもろの事情でなかなか使えなかった容器だったので、
今回、なんと買ってから5年以上たっての初使用(笑)。

フルーツポンチは、子供16人と大人7人の胃袋に収まるくらいたっぷり作りスタンバイ。
コレに合わせて果物をまあるくくり抜く用のスプーンみたいな器具も準備。
子供たちに「美味しい☆」と何度もおかわりを要求されて、
ドイツで嬉しいデビューを飾ることが出来ました♪パチパチ
e0128393_7572420.jpge0128393_7574947.jpg



















クリスマスっぽくキラキラなイメージの赤と緑のいろどりにと、
粉を溶かすだけの簡単ゼリーで星形を。。。と思ったけど、
ドイツのゼリー、酸っぱくてびっくり!
さっすがグミでも酸っぱいのが普通に売ってるだけあります。
さらに、固さもなくふにゃふにゃで、星型で抜けませんでした〜。
色とのどごしは、フルーツポンチにはぴったりだったので
酸っぱさはアクセントということで、クラッシュゼリーにして入れました。
ドイツのゼリーって酸っぱいんだそう。
しかも赤はイチゴ味じゃなくてラズベリー(酸っぱ!)
お気を付けください(笑)

フルーツポンチは、やっぱり夏がいいかもね!とみんなの意見が一致したところで、
窓を見ると今日もまた雪がじゃんじゃん降っていました。

おまけ。
ドイツの雪はサラサラすぎて雪だるまが作れませーん。
子供たち四苦八苦していました。
良い方法あるのかな???

おまけのおまけ。
夏に採った貝殻をバケツに入れて放置してたら
貝殻氷が出来ていました。
e0128393_7584882.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-12-22 07:59 | 食べ物、飲み物のこと

ドイツ式スープの作り方

e0128393_5393731.jpg














幼稚園で毎週月曜日に出してくれる軽食のお手伝いをしました。
料理担当のドイツ人の先生と、お手伝いのお母さんとの2人で80人分を作ります。
私がお手伝い担当の日のメニューは「じゃがいもとキノコのスープ」。
これがとぉ~っても美味しかったんです!

じゃがいもは小学校の畑で採れたものを使いました。
キノコはドライのシュタインピルツ(フンギ)、
日本ではあまりお目にかからないパセリの根っこも使います。
e0128393_5404676.jpg














シュタインピルツをもどすと、しいたけにそっくり(笑)
e0128393_5414418.jpg














先生はこれらの材料を、鼻歌まじりでタンタンと小気味よく刻んでいきます。
仕上げに使うのは、白トリュフオイル。
(ドライトリュフをオリーブオイルに2ヶ月以上漬けたお手製のもの!)
子供のスープにですよ~っ。びっくり。

じゃがいもが・・・100個くらい!?
e0128393_5423622.jpg














沢山ありすぎて、手が痛くなってきました。
ピーラーを使わずに包丁で皮をむく私に、かなり驚いた様子。
がんばったおかげでた~っぷり出来ました。
子供たちも何度もおかわりしてたそうな。
私も4杯くらいいただきました(笑)

最後に「マッシャーでつぶす」というのがこのスープの特徴で、
決してミキサーなどを使ってなめらかにしてはいけないんだそう!
「だって糊みたいに粘っちゃうでしょう!」って渋ーい顔して教えてくれました(笑)
他でも聞いたことがあるけど、
どうやら、ドイツの方はつぶが残った感じが好きなよう。
野菜のつぶつぶが生きて、秋の香りがするスープが出来ました。
ドイツのキッチンを垣間見た貴重な体験になりました☆

そうそう、スーパーで良く見かけるけど、
いまいち何に使うのかわからなかった野菜セット↓
e0128393_5432548.jpg















ポロネギ、にんじん、イタリアンパセリ、セロリの根っこ(パセリの根っこではないんだけど)などが
ゴムでひとまとめになっています。
これがあれば、今回のようなスープを作るのに便利なことに、
やっと気付きました・・・

興味がある方は↓
スープの作り方でーす!(量も手順もアバウトで良さげ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[材料]
○じゃがいも
○にんじん
○ポロネギ
○玉ねぎ
○パセリの根っこ
○ドライシュタインピルツ
○豆乳
○生にんにく少々
○オイル(炒め用)
○トリュフオイル(仕上げ用)
○塩こしょう

[作り方]
1.シュタインピルツは水でもどしておく。
2.じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、パセリの根っこ、にんにくは細かい角切りにして、ポロネギは細い輪切りに。
3.厚手の鍋ににんにくをオイルで熱して玉ねぎを中~弱火で炒める。
4.パセリの根っこを加えてさらに炒める。
5.じゃがいもをひたしてた水ごとどわ~っと加える。
6.にんじん、ポロネギを加える。
7.ぐつぐつ野菜がやわらかくなるまで煮る。
8.最後に豆乳を加えて、マッシャーでつぶす。
9.シュタインピルツを細かく刻んで、フライパンでオイルと共に炒めて水分を飛ばして塩を少々。
10.鍋に9を加えて、全体を見て塩こしょうで味をととのえて、できあがり!
仕上げにはトリュフオイルを!
[PR]
by maki2008maki | 2009-10-07 05:44 | 食べ物、飲み物のこと

フェーダーバイザー

フェーダーバイザー(発酵途中のワインの新酒)の時期が、今年もやってきました!
これが出回ると「秋!」って感じです。

たまたま近所のスーパーで見つけて、とりあえず2本買いました。
レジに並んでいた前後の人両方ともコレを買っていました。
みんな楽しみにしていたんでしょうね〜
レジ担当の人はひとりひとりに「横にしないでね!」と強く念を押してたのに、
のに!のに〜っ!
カートを動かした瞬間、うっかり倒してしまった私のバカバカバカ〜っ。
しゅわ〜っとすごいいきおいで泡が出てきて・・・か、かなり減りました(涙)
発酵途中なので、フタに小さな穴がひとつ開いているんです。
ムスコには「ママ、おっちょこちょいだね〜(笑)」と言われてしまいました。

ドイツ在住の方は、持って帰るときには十分に気をつけてくださいね!
車の中も倒れやすいので危険。何か対策してね。
私は2本を両手に持って車で帰りました。
自分の運転じゃなくて良かった・・・。

早速、相性抜群と言われるツヴィーベルクーヘン(タマネギタルト)と一緒に食さなくちゃ!
秋だけのお楽しみです☆
[PR]
by maki2008maki | 2009-09-14 06:41 | 食べ物、飲み物のこと

e0128393_514503.jpg


















ドイツで日本人好みの美味しい桃といえば、こんなルックス。
間違えてつぶれちゃった風だけど、美味しい〜!
みんな大好き。
日本の桃に近い味。
ほかの種類は、見かけはとても美味しそうなのに、固くて
何度も失敗しました。

今年はこの桃が出るのを
いまかいまかと待ってましたよ♪
ちょうどオットのバースデーだったので、
桃をこれでもかこれでもか〜っと使って飾りつけケーキ。
ハッピーバースデー。
e0128393_5163274.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2009-08-02 05:16 | 食べ物、飲み物のこと

さくらんぼ

e0128393_6114735.jpg














ドイツは今、さくらんぼの季節です。
実は、さくらんぼ味のお菓子は苦手なんだけど、
ドイツの生のさくらんぼ、美味しい!
マルクトへ行くと、
びっくりするくらい大きくて、
みずみずしいものに出会えます。

四つ葉のクローバーならず、四つ子のさくらんぼ♪
よく見つかります。
e0128393_6123491.jpg














近所の公園のさくらんぼの木も美味しそうな実がなっていて、
子供たちは木登りしながら食べます。
子供の手が届くあたりのものは、ほとんどないので
ムスコは必死で木登りしてゲットしたたったひとつを
みんなで少しずつ囓ってみたら、こちらも美味しかった!
お店で買うのと変わらないみずみずしさと甘さに驚きました。
なんといっても自分で採ったさくらんぼは、格別だったみたい。
あとのは、高枝切りばさみでもないと取れないけど(笑)

さくらんぼが、たわわになってる木を見てるだけで、
嬉しい季節です。
[PR]
by maki2008maki | 2009-07-09 06:15 | 食べ物、飲み物のこと

シュパーゲルの皮むき

e0128393_665690.jpg














シュパーゲル(白アスパラ)の皮むきって結構大変な作業!
普通のピーラーだと持ち手が滑ってやりにくいなぁーと思っていた時に出会った、
シュパーゲルの皮むき専用ピーラー。
WMF(ドイツのキッチン道具のメーカー)で
セール価格で半額くらいだったので、
迷わず買ってみました。(5.8ユーロくらい)

あちらこちらに屋台のシュパーゲルやさんも出てきて、
かなり買いやすくなったので、
沢山買い込むことが多くなりました。
このシュパーゲル用のピーラーだと、皮むき作業がやりやす〜い!!!
挟んで押さえるので、
滑らずに、面白いようにしゅるしゅる剥けます。

その後見かけた屋台では、
皮むき機械が設置されているところもありました。
見てると、グォーンと、すごいいきおいで作動!
皮むきもあっという間に終了〜
シュパーゲルスープを作るときや、茹でるときなどに、
この皮を使うと良いダシ(?)が出るらしいので、
もちろん皮のお持ち帰りもできるそう。
(この機械、近所の店にもあればなぁ・・・)
e0128393_681261.jpg














それにしても、シュパーゲル本当に美味しい♪
子供たちも大好きです。
先っぽ部分(一番柔らかい)を取り合ってケンカも起こります・・・。

以前の日記で教えてもらった和風な味付け、美味しかったです。
オランディーソースよりも断然好きかも。
マヨネーズと醤油に七味少々も美味しい〜(一番手っ取り早いのでお気に入り)
近々天ぷらもしてみたいと思います。
素揚げも美味しいらしいです。
教えてくれた方々ありがとう!
あと1ヶ月くらいの間は、
思う存分楽しみたいと思います。
[PR]
by maki2008maki | 2009-05-19 06:13 | 食べ物、飲み物のこと

ドイツの不思議な野菜たち

e0128393_636663.jpg


















日曜日もやってて野菜が買える、という、貴重なスーパーを教えてもらったので
早速行ってみました。
ナチュラルな感じのかわいらしいスーパー。
近所のスーパーで、初めはびっくりした野菜にも、最近は慣れてきたと思ってたのに、
あまり見かけたことがない野菜たちに、目が釘付け。
知らないものが沢山ありすぎて、子供と一緒に「???」。
とりあえず写真は撮ってみたものの、未だわかりません。
名前や使い道は、おいおい・・・。

タマネギだけでも何種類もあって・・・
白いの。
e0128393_6372811.jpg














細いの。
e0128393_6394322.jpg














平たいの。
e0128393_639952.jpg














小さくて紫の。などなど
e0128393_641845.jpg














レタスだって、ひょろいの。
e0128393_641505.jpg


















白いの。などなど
e0128393_6423491.jpg














ナスも白いのが。
e0128393_6421438.jpg














トマトのすじ、多いね。
e0128393_6425418.jpg














昔、「イギリスは美味しい」という林望さんの本で印象的だったルバーブ。
ジャムでは見たことあったけど、本物をこんなに沢山見るのは初めて。
ジャム以外に何に使うんだろう?
e0128393_6494372.jpg














mannaと書いてありましたが、さっぱり何かわからない黒くて長いの。
e0128393_6501884.jpg














ちなみに
日本では普通にあるもやしや、にらや、ごぼうなどは、もちろんありません。
ドイツでは珍しい青梗菜が売ってて嬉しかった!
ほうれん草はだいたいがバラバラした葉っぱで売っています。(日本のように房になってない)
じゃがいもの国ドイツならではで、じゃがいもも沢山の種類があります。
キャベツも縮緬状や、まんまるで石のように固いの(笑)や、長いのとか、いろいろあります。
当たり前だけど、ハーブもフレッシュなのが豊富。

まだまだありましたが・・・
じっと見たり、写真撮ったり、匂いかいだり、かなり怪しかったと思います。
知っているのがあったら教えてくださいね。
そのうち、ここにある野菜たちみんな把握して、
調理できるようにしたいものですねー。
[PR]
by maki2008maki | 2009-03-09 06:44 | 食べ物、飲み物のこと

ドイツのハーブティ

e0128393_1919290.jpg

以前に子供の咳のハーブティを飲ませた、と書いたことがありましたが、
ドイツでは本当にいろんな種類のハーブティがあります。
スーパーでも薬局でもオーガニックショップでもどこでもいろいろ。

ドイツの病院は午前中の2時間くらいしか受付してなくて、
あまり頼りにならないので、
病院にかかる前に、まずはこういったハーブティを飲むみたい。

↓大人の風邪には、風邪用がやっぱり効くと言って、
友人はこれで風邪を治していました。(スーパーで買える)
朝のハーブティ、夜には夜のハーブティもあります。
e0128393_191929100.jpg














咳が出ると咳用のハーブティ、頭痛には頭痛用のハーブティ、などなど。
箱のデザインも、身体の器官のイラストでわかりやすい(笑)
↓右は腸に良いお茶。下痢の時のほうじ茶のかわりに。左は子供用。
e0128393_1920448.jpg














日本にいる時の妊娠授乳期に、南ドイツのマリエン薬局という老舗薬局のハーブティを
飲んでいたことがあります。
妊娠授乳期だけでなく、普段でも良い、リラックスのためのブレンドハーブティ。
薬効成分も豊富で美味しく、香りも良くて、とても良かったんだけど、
普段飲むには、かなり高価。(一袋4000円前後!)
それでも自然派の方たちの間では、けっこうな人気ぶり。
せっかくドイツにいるならと、購入計画をたててたのに、
これは日本向けのオリジナルブレンドで、ドイツで同じものは買えないことが判明(涙)
袋の表示見て、似たようなハーブブレンドを探してみました。
(名前は妊婦さん用ブレンドだった・笑)
袋のデザインも日本のそれと似てる感じ!? 7.5ユーロ(約1000円)。
ちょっと試してみようと思います。
ハーブティを扱っているアポテケ(処方箋薬局)で、購入。
ドイツにはハーブの専門医もいるというウワサ。
e0128393_19205157.jpg














子供と一緒に飲むのはカモミールティー。
優しい香りと甘さが、美味しく飲みやすいし、リラックス効果もあり。
風邪の時も、しょうがやはちみつ入れたりと万能選手。
↑右がカモミールティー。左がブレンドハーブティ

わかりやすく香りを楽しむフルーツティも好き。
やっぱりティーバックじゃないものは、自然な香りが良く、幸せ気分。
カフェインレスだから、夜でも子供でもオッケーなので、一緒に楽しめます。
ドライフルーツがお湯でぼよ〜んと膨張して生っぽくなる様子も、
自然な香りも、子供と楽しめます。
こういう冬の楽しみを、最近ひとつひとつ地味〜に増やしています。
(他に何かおすすめあれば教えて欲しい!)
↓ドライフルーツ入りのハーブティはドラッグストアのROSSMANNにて。
奥が林檎茶(角切りドライ林檎が入ってお気に入り)
e0128393_19211636.jpg


















日本でも漢方や針灸などで、身体の調子を整えてきてたので、
ドイツではハーブティやホメオパシーなど、
なるべく自然な感じで体調管理したいなーと思います。
それには、もちょっと勉強しないといけませんが・・・。

余談ですが、
子供達の行っている幼稚園では「帽子&靴下」にうるさく、
してないと注意されます。
すぐ靴下を脱ぐクセがあるムスメに「履かせてください!」と言われました(苦笑)
寒いのでね〜。風邪などの予防策みたい。帽子&靴下は特に大事なよう!
街でも年配の人などに注意されるらしい。
みなさまも風邪などひかないように!
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-19 19:26 | 食べ物、飲み物のこと

日本食を出してみました

e0128393_20363015.jpg














昨晩、ドイツの方が初めてウチにいらしたので
いつもどおりの夕ごはんを一人分増やして作って、お出ししました。
いやー急な話だったので、いろいろ考える時間ゼロ。
メニューは、メンチカツとサラダ、白米、お味噌汁、緑茶、以上。
仕事が長引いて遅めにいらしたので、白米はわかめと胡麻のおにぎりにしておきました。
(海苔はドイツの方は苦手な人が多いそうなのでナシで。)
メンチカツは栗原はるみさんレシピのもので、手製の大きめパン粉で作るもの。
お客様も喜んで完食してくれました。ほ〜ぅ。
焼き魚と納豆とかの日じゃなくて、本当に良かった。
(魚の匂いが苦手なドイツの方が多いそうで・・・納豆は言わずもがな)
前もって言われてたら何にしたかな?巻き寿司とか!?(あ、でも海苔・・・)
思いつかない・・・。
悩みますね・・・。

そうそう、ドイツのパン粉は、とてもとても細かーくて、茶色いんです。
始め見たときは驚いてしまいました。
e0128393_20365478.jpg














ドイツ料理のシュニッツェル(カツレツ)には良いけど、
日本風のコロッケやトンカツ、今回のメンチカツなどには細かすぎ。
ついつい日本食材店で高額な日本のパン粉を買いたくなりますが、
日本にいたときと違って、最近はパンも普通に夕食に登場するようになったので、
あまりのパンでパン粉を作るようになって、一石二鳥。
自分で作る生パン粉美味しくて、おすすめ!
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-04 20:38 | 食べ物、飲み物のこと

市場でアーティチョークとロマネスコ

e0128393_14392173.jpg

















毎週1、2回、決まった場所で、マルクト(=市場)が開かれます。
こちらに住んでる方には驚かれると思うけど、実はまだ行ったことがありませんでした。
なんと子供達の方が私よりも早く体験。
幼稚園のクラスみんなで電車に乗って、マルクトへ行ったのです。
とーっても楽しかったようだったので、
今週は私を案内してもらいました(笑)

二人で意気揚々と「この階段を上るんだよ」だの、「ここを曲がると○○の店がある」だの、
一生懸命思い出しながら教えてもらうと、賑やかな市場が現れました。
e0128393_1441397.jpg

















今回の場所は週に一回。
並べ方のせいなのか、どれも美味しそうに見えて、ついつい買いすぎてしまいそう!
日本では珍しいアーティチョーク(アーティショッケ)や、
ロマネスコ(カリフラワーの仲間)を買ったり、
こっちにきて初めて花なんかも買ってしまいました。
(今回の紫陽花や無花果などの、濃い紫と黄緑の組み合わせが、大好き)
果物やさんでは葡萄を一房、花屋さんでは薔薇を一本ずつ、子供達にくれました。
こちらのお店は、どこも子供サービスが良いのです。
ニコニコ顔のうちに、カリーブルスト(人気のカレー味のソーセージ)の行列へ(笑)
子供サービスありがたい!おかげで気軽に子連れで来れます。
もっと早く行けば良かった〜
現在も、引き続き、幼稚園は午前中だけなので、
お昼ごはんがてら、毎週マルクトに食べに行くのも良いかも。
平日の昼間なのに、働いてる感じの大人の男性も沢山いて(なんでだろ?)おどろきでもありました。
e0128393_1442261.jpg

















アーティチョーク(真ん中下)は丸ごと茹でて、一枚一枚はがしながら
オリーブオイルと塩につけて、
ロマネスコ(左下)はブロッコリーと同じように、いただきました。(味はカリフラワー)
いつもと様子の違う食材が食卓にあるだけで、
みんなの気分がかなり盛り上がりました(笑)
オレンジは子供のリクエストで3種類。どれも甘く、日本のみかんにそっくり。
梨はNASHIというのを買いました。(日本の梨と同じよう)
e0128393_14433561.jpge0128393_1444730.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-11 14:48 | 食べ物、飲み物のこと


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧