ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホメオパシーキット

e0128393_621125.jpg














興味を持ってから実際に使うようになるまでは、随分と時間がかかってしまいましたが、
最近になってやっと、気軽に生活に取り入れるようになりました。
ホメオパシー
この冬、家族(夫以外)の風邪がひどくならなかったのも、
もしかして、これのおかげも少しはあるのかな???とも思っています。
賛否両論ありますが、家庭で日常のケアとして軽く使う程度。

ホメオパシー発祥のドイツでは、
アポテケ(処方箋薬局)で、ホメオパシーの家庭用キットを扱っていました。
あるのかわからなくて、恐る恐る聞いてみたんだけど
・・・普通に町の薬局にありましたー。
日本では驚くほど高価なものだけど、ドイツでは半額ほどで手に入りました。
↓手帳のようなコンパクトなルックスのケース、
これを開けると、家庭でよく使うレメディがずらーり、収まっています。
なんだかとっても効きそうな雰囲気!?
ケースの中は1ミリくらいの丸い粒がぎっしり。
e0128393_6235040.jpg


















ドイツでは、お医者さんも午前中の数時間しか診てもらえないことも多いし、
待ち時間もけっこうあるので、
できるだけ病院へ行かなくてもいいように、自分でケアできると助かります。
ドイツではいろんな症状別のメディカルハーブティーが、
薬局やスーパーで売られて飲まれていますが、
家庭用ホメオパシーは、その延長のような感じ。
もちろん重い症状の時は、病院へ行きます。
お医者さんによっては、希望すれば、ホメオパシーのレメディで処方してくれるみたい。
友人の1才の子供の歯が生え始めのイライラに、
ホメオパシーのレメディをお医者さん(小児科医)が出したという話を聞いて、
あぁーここはドイツなんだなぁーと思いました。
飲み方は、気が向いた時にね、みたいな感じで、びっくり。
(一日の摂取量の上限は決まっています)
家庭用キットでも、使う際には多少知識が必要になるので、
私は、日本の書籍を何度も何度も読んで参考にしています。

うちでは、風邪のひき始めの寒気や頭痛、下痢等々、
体調が下降気味かな、と感じたら取り入れます。
前よりも、体の声に良く耳をすますようになったような、
子供の体調を、じっくりと観察するようになったような、そんな気がします。
症状が全然変わらないこともあるし、
具合が良くなったとしても、このおかげかどうかは不明・・・!(笑)

・・・ですが、旅行の際などもこのコンパクトなキットを持っていれば、
大人も子供も、乗り物酔い、とか、急な発熱、とか、急なケガの際のショック、などなど、
いろんな場面に使えるよう。
これからも、日常で、旅行先で、
自分や家族の体調を整えるのに少しでも役立つといいなぁーと思い、
日々勉強中です。
[PR]
by maki2008maki | 2009-03-09 06:25 | 郷に入れば
<< ドイツの不思議な野菜たち 春の足音 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧