ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

現実的パリ散歩

e0128393_1922952.jpg

念願のパリ散歩が現実になりました。

突然のことでした。
週末を使っての2泊3日。
子連れで、家族でどんな風に過ごすのか、オットともめたりもしたけど(笑)、
短いながらも、嬉しすぎる時間を過ごすことができました。

片道6時間の道のりを行きも帰りも一人で運転してくれたオットありがとう。
想像以上に頑張って歩いてくれた子供たちありがとう。
お天気が良かったことにも感謝。
いろいろもろもろありがとう。

昼過ぎに到着後、サンジェルマンのホテルにチェックインしてから、
10年以上ぶりのパリを現実的に歩いた瞬間、
思わず「うれしーーい」と叫んでいました。
こんな風に家族で歩く日がくるとは、夢にも思いませんでした。
ホテルのエレベーターも部屋も信じられないくらい狭いのにも、
とてもパリを感じました(笑)
実はオットは行きたい車のイベントがあり、それが目的だったので、
着くや否や、早速ムスコと地下鉄で出かけていきました。
私とムスメは途中で別れて、お散歩へ。

人も車も沢山で、歴史も最新もまぜこぜの都会。
建物や広告塔も店構えも、どことなく洗練された感じがしてしまいます。
寒い時期にもかかわらず、行く先々に本当に日本の方が多かったのには驚き!
ドイツ生活では、周囲が日本語をわからないのをいいことに、
出かけ先で、なんでもかんでも日本語をつい口に出して言うクセがついているので、
あぶないあぶない(笑)

そして、「パリの街並みはやっぱり美しいねぇー」と言いながら歩いてると、
「ぎゃーママふんじゃった!きたなーい。」とムスメの声。
えぇ、思いきり犬のウ○チ踏んづけてました・・・(笑)
そんな靴のまま、インテリアショップ見たり、ウィンドーで古本やドレス眺めたり、
マカロン買ったり、カフェでショコラショー飲んだり、郵便局で記念切手買ったり、
夜が更けるまで、女子チームならではの楽しみを満喫しました。
e0128393_1965228.jpg
e0128393_1955851.jpg
e0128393_1951620.jpg
e0128393_1944430.jpg
e0128393_1972695.jpg
e0128393_19403978.jpg
























































































子連れで困ったのがトイレ。
急に「おしっこ!」と叫ぶので、見るともう足踏みをしている状態(苦笑)
飲みもしないカフェで借りたり、公衆トイレを使用したりしました。
ドイツと違って、トイレ使用の際にチップがいらないので助かりました。
公衆トイレもタダ。(自動掃除機能ありで清潔)
すごく便利だけど、便座がないので、男の子限定かも!?
e0128393_1984645.jpg


















子連れで嬉しかったのが、
お店でも街でも、ムスメに「ボンジュール、マドモワゼル!」と
みんなが優しく話しかけてくれたことと、
どの店も親切にしてくれて、ショコラなどのおまけをくれたこと。
意外とパリは子供に優しいことを知りました。

ちょうど夕食時に戻ってきた男子チームと合流して、
ホテル近所の、「ポリドール」という大衆食堂へ行って、夕ごはん。
ここは創業1845年で、ヘミングウエイなどの有名人も贔屓にしてたらしい安食堂。
小さい子供とのごはんにはちょうど良かったかな。
おかずもデザートもおばあちゃんが作ってくれたような雰囲気で、
テーブルにドンッていう感じ。
お店のおばちゃんも、食べにきてるお客さんも、子供たちに寛容で、
みんな気のいい感じでわいわいして楽しかった。
お疲れ気味だったムスコだったけど、注文したエスカルゴを食べて
「かたつむり食べちゃった!」と、妙にハイテンションに(笑)
e0128393_1995293.jpg


















そんなこんなで、パリ一日目(半日)が終わりました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-02-17 19:12 | ○フランスへ
<< エッフェル塔のてっぺん 木製のソリ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧