ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

真冬のスイミングプール

まあまあ近所に、室内スイミングプール発見。
ムスメと二人で行ってみました。
けっこう広くて、赤ちゃん用、子供用、大人用、ジャグジー、サウナなどあります。
子供用にはチューブ滑り台や流れるプールがあって、
ムスメ大歓声。
1時間で大人4.5ユーロ、ムスメは120センチ未満だったので無料。
こちらの子供は浮き輪でなく、腕につけるものを使用しています。
落とした照明に、プールのブルーの光がゆらゆら幻想的でキレイ。
リラックスできました。

・・・が、温水といえども、天井が高いからか、やっぱり水面から出ると寒い!
暖かいジャグジーにいちもくさん。
老若男女がぎゅうぎゅう!で、なんだか不思議気分(笑)
ここは、ロッカールームも男女混合。
シャワールームと着替えルームだけ別に小さいのがあります。
基本はフリースペース。
ヨーロッパは土足文化なので、どこで靴を脱いだらいいか迷っていたら、
ロッカールームスペースに入る境界線で「脱いでくれ!」と言われました。
何の段差も目印もなくてワカラナイネー。

ドライヤーはみんな靴やブーツを履いて使っています。
なので、私たちもここで靴を履きました(笑)
このドライヤー、壁に固定式で、高さだけ調節可能。
ムスメに「なんで手を乾かす機械で、髪の毛をかわかしてるの!?」と言われたように、
なんだかトイレの手を乾燥させる器具みたいでした。
出る時は、10分タイムオーバーしてて、0.50ユーロ追加。
親子二人で、1時間10分、5ユーロで楽しめたから良かったかなぁ。

外に出ると、もちろん寒ーーーい風。
でも、とても気持ちが良かったので、
靴の着脱のタイミングもわかったことだし(笑)、
もう少し帰りの防寒対策をちゃんとして、また行こうと思いました。
[PR]
by maki2008maki | 2009-01-20 08:09 | 生活あれこれ
<< デュッセルドルフで日本を楽しむ バースデーケーキはハムケーキ!? >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧