ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年最後の幼稚園

e0128393_1847451.jpg














今年最後の幼稚園が終わりました。

ラストはクリスマスパーティ。
日本でイメージするクリスマスパーティとは、少し違い、
なんだか素朴であたたかな感じでした。
夕方から付属の教会で、蝋燭のほのかな灯りの中で、
子供達によるクリスマスの劇を観たり、歌を沢山歌ったり。
演奏は全て子供達が一人、あるいは二人ずつ、
パイプオルガン、バイオリン、サックス、トランペットなどを演奏してくれました。
音がはずれてへたっぴな感じが逆に、なんだか手作りっぽくて、心打たれました。
最後に自分の国の言葉で「メリークリスマス」を言うのですが、
なんと19カ国もの言葉がありました!
ドイツ、アメリカ、イタリア、ギリシャ、日本、モンゴル、中国、フィリピン、うーんと、あと10カ国どこだったかな?(笑)
この幼稚園だけでも、そんなにいろんな国出身の人がいたことにびっくり。

その後は親子いっしょに、
幼稚園手作りの美味し〜いチリコンカルネ(チリコンカン)食べ放題に食べたり、
各家庭で手分けして持ってきたコーヒーやクッキーなどなどを食べながら、穏やかに時間は流れ・・・
気付けば3時間以上(!)
身近な人や日々に感謝したい気分なるような、そんなクリスマスパーティでした。

子供達はといえば、追いかけっこがだんだん激しくなり、
下着姿になって汗かきかき。
そのままドイツの寒空へ出たら凍るよ!(笑)
でも、そんな様子を見て、なんだか胸が熱くなっていた私。
4ヶ月前にこの幼稚園に通い始めた時は、
いろいろとわかる年齢になっていたムスコは、数日間は大泣きで登園拒否していて、
一時はどうなることかと思っていたので・・・。
子供の適応力は本当にすごい。
まだまだ、言葉の壁は立ちはだかっているけど、
本人なりに今日までかなり努力して、ここまできたと思うので、
今晩くらいは(?)と、労をねぎらって沢山褒めました。
e0128393_18482845.jpg














パーティの帰り際は、あちこちで、
「フローエ ヴァイナハテン!アイネン グーテン ノイエ ヤアーエ!」と言葉が飛び交っていました。
「メリークリスマス アンド ハッピーニューイヤー!」ということですね。
慣れない言葉に噛みまくっていましたが(笑)、
もう年末だと実感!
さあ、日常は一旦置いておいて、待ちに待った冬休みの始まりです。

*冒頭写真 
子供からクリスマスプレゼントをもらいました。(幼稚園で作ったらしい)
[PR]
by maki2008maki | 2008-12-20 18:50 | 子供のこと
<< お菓子の家2008 年末のチップ!? >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧