ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ドアの鍵は自動的に閉まる

ドイツの家は、玄関のドアをバタン!と閉めると、
ロックされちゃうんです。
すると当然、鍵を持っていき忘れることが起こります。
ホテルの部屋のドアと一緒ですね〜。

はい、ついにやってしまいました・・・。

よくやってしまった話を聞くけど、
普通は近くに住んで開けてくれる大家さんが、
ウチの場合住んでいません。

寒い寒い日に子供と一緒、
しかも他の子も2名ほど幼稚園から連れて帰ってきて
その日に限ってケイタイも持っていなかった、という
最悪のパターンで・・・。

近所の家で電話を借りて、一人の子が暗記してた電話番号にかけて、
あとは伝言ゲームのように人をたどり、
他の子の家でゆっくりさせてもらい、
仕事中だったウチのパパのケイタイ番号まで判りました。

狭くて窮屈だと感じてた日本人社会だけど、
この日ほど、人のつながりに感謝した日はありませんでした!!!
みんなに感謝の気持ちでいっぱい。
そして、あ〜自己嫌悪〜。

鍵は必ず確認!
ケイタイに頼らず番号のメモを持とう!
子供に家の番号を暗記させよう!
などなど、いろいろ反省した一日でした・・・。
本当に気をつけたいです・・・!!!
[PR]
by maki2008maki | 2008-12-13 02:52 | 郷に入れば
<< ピアノと静かにするべき時間帯 うろこ壁のある小さな町のマルクト >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧