ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ドイツのハーブティ

e0128393_1919290.jpg

以前に子供の咳のハーブティを飲ませた、と書いたことがありましたが、
ドイツでは本当にいろんな種類のハーブティがあります。
スーパーでも薬局でもオーガニックショップでもどこでもいろいろ。

ドイツの病院は午前中の2時間くらいしか受付してなくて、
あまり頼りにならないので、
病院にかかる前に、まずはこういったハーブティを飲むみたい。

↓大人の風邪には、風邪用がやっぱり効くと言って、
友人はこれで風邪を治していました。(スーパーで買える)
朝のハーブティ、夜には夜のハーブティもあります。
e0128393_191929100.jpg














咳が出ると咳用のハーブティ、頭痛には頭痛用のハーブティ、などなど。
箱のデザインも、身体の器官のイラストでわかりやすい(笑)
↓右は腸に良いお茶。下痢の時のほうじ茶のかわりに。左は子供用。
e0128393_1920448.jpg














日本にいる時の妊娠授乳期に、南ドイツのマリエン薬局という老舗薬局のハーブティを
飲んでいたことがあります。
妊娠授乳期だけでなく、普段でも良い、リラックスのためのブレンドハーブティ。
薬効成分も豊富で美味しく、香りも良くて、とても良かったんだけど、
普段飲むには、かなり高価。(一袋4000円前後!)
それでも自然派の方たちの間では、けっこうな人気ぶり。
せっかくドイツにいるならと、購入計画をたててたのに、
これは日本向けのオリジナルブレンドで、ドイツで同じものは買えないことが判明(涙)
袋の表示見て、似たようなハーブブレンドを探してみました。
(名前は妊婦さん用ブレンドだった・笑)
袋のデザインも日本のそれと似てる感じ!? 7.5ユーロ(約1000円)。
ちょっと試してみようと思います。
ハーブティを扱っているアポテケ(処方箋薬局)で、購入。
ドイツにはハーブの専門医もいるというウワサ。
e0128393_19205157.jpg














子供と一緒に飲むのはカモミールティー。
優しい香りと甘さが、美味しく飲みやすいし、リラックス効果もあり。
風邪の時も、しょうがやはちみつ入れたりと万能選手。
↑右がカモミールティー。左がブレンドハーブティ

わかりやすく香りを楽しむフルーツティも好き。
やっぱりティーバックじゃないものは、自然な香りが良く、幸せ気分。
カフェインレスだから、夜でも子供でもオッケーなので、一緒に楽しめます。
ドライフルーツがお湯でぼよ〜んと膨張して生っぽくなる様子も、
自然な香りも、子供と楽しめます。
こういう冬の楽しみを、最近ひとつひとつ地味〜に増やしています。
(他に何かおすすめあれば教えて欲しい!)
↓ドライフルーツ入りのハーブティはドラッグストアのROSSMANNにて。
奥が林檎茶(角切りドライ林檎が入ってお気に入り)
e0128393_19211636.jpg


















日本でも漢方や針灸などで、身体の調子を整えてきてたので、
ドイツではハーブティやホメオパシーなど、
なるべく自然な感じで体調管理したいなーと思います。
それには、もちょっと勉強しないといけませんが・・・。

余談ですが、
子供達の行っている幼稚園では「帽子&靴下」にうるさく、
してないと注意されます。
すぐ靴下を脱ぐクセがあるムスメに「履かせてください!」と言われました(苦笑)
寒いのでね〜。風邪などの予防策みたい。帽子&靴下は特に大事なよう!
街でも年配の人などに注意されるらしい。
みなさまも風邪などひかないように!
[PR]
by maki2008maki | 2008-11-19 19:26 | 食べ物、飲み物のこと
<< 雪、降りました。 日本のパンのカフェ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧