ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おたんじゃうびケーキ

e0128393_6103650.jpg

















初めて焼いたスポンジケーキは、自分のバースディケーキになりました(笑)。
子供達と一緒に作れたので、良い思い出。
ムスメは小麦粉のカシャカシャやる器具がお気に入りな様子。
私がそうであるように、ケーキ作りの空間や匂いや笑い声などが、
子供にとって、幸せの記憶になってくれたとしたら、とても嬉しい。

ドイツの生クリームはそのまま泡立ててもコシがないので、
「SAHNEFEST(ザーネフェスト)」という粉末を混ぜます。
それでもなんだかダラッとしたような粗い感じになってしまいます。
日本のようにきめ細やかでしゃん!として厚みあるクリームはないんです(涙)
だからなのか、ケーキやさんにも、ショートケーキみたいな
生クリームたっぷりケーキは、あまり見かけません。

中身には、(苺の季節じゃないので)苺の缶詰というのを使ってみました。
生とジャムの間くらいでアッサリ味。(↓写真左端)
トップにはフランボワーズ。
e0128393_6331151.jpg














これはこれで、とても美味しかったけど、
やっぱりスポンジケーキは、
「スポンジ&フレッシュ苺&生クリーム」の
黄金のハーモニーに勝るものなし!

ムスメと一緒に、ロウソクと焼いたアーモンドスライスを飾ったら
ぐっちゃんぐちゃんに(笑)
e0128393_611388.jpg


















ドイツ人は妻の誕生日にも休みをとるそうで、
ドイツ人じゃないけどパパも休みをとってくれました。恐縮です。
子供達からは私の似顔絵と工作物をもらいました。
ムスコの「おたんじゃうびおめでとう」(笑)。かわいいので訂正せず。
e0128393_6122235.jpg














今朝はめずらしくさっさと身支度を済ませたムスメの
「ままのたんじょうびにままがおこるとたのしくなくなるから
たのしいたんじょうびにするために、よいこにするの」という
突然の一言にびっくり。寝るまで何度かリピート。
その気持ちがなによりのプレゼントだったかも。(いつもよい子でいてね)

メッセージくれた方、ありがとう!!!
朝起きてとってもとっても嬉しくて、
良い気分で一日を過ごすことができました。
本当に感謝です。
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-29 06:23 | パン作り、お菓子作り
<< 今年のハロウィーン サマータイム終了 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧