ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ドイツ式 誕生日の祝い方

e0128393_0211621.jpg

















ある朝、幼稚園へ行くと、
同じクラスのドイツ人の女の子のおじいちゃんおばあちゃんが
なにやら大きな箱をかかえて入って来た。
その日は女の子の4才の誕生日。
大きな箱の中身は、クラス全員分のカップケーキと小さなプレゼント。
お菓子の詰め合わせと粘土が、小さな手提げ袋に入ってました。
ドイツでは誕生日に本人がみんなに振る舞い、一緒に喜びを分かち合うのだそう。
朝、持ってきてクラスの先生にバトンタッチしたら、あとは先生の担当。
本人は年齢の書いた王冠をかぶって、みんなにお菓子を配って歩きます。
そして、歌いながら教室でいただき、プレゼントがみんなに配られる。
クラスみんながハッピー、本人もハッピー。
なんだかいいな、と思いました。

これ、子供に限ったことかと思ってたら、大人も同じよう。
パパの会社でも、沢山のスイーツがあるな〜と思うと
誕生日の当人の差し入れなんだそう。

バレンタインデーは日本と逆なのは聞いていたけど、
誕生日も、貰う人とあげる人が逆なようで、驚きでした。

さて、ムスメの誕生日はどうしよう〜e0128393_0215890.jpg
[PR]
by maki2008maki | 2008-10-10 00:22 | 子供のこと
<< 市場でアーティチョークとロマネスコ パン教室 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧