ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初めての病院

子供よりも先に私が、初病院・・・トホホ。
日本人の先生や通訳がいる病院があるんだけど、
その病院も夏休み中で閉まっている。
この時期は気をつけないと夏休みということが多い。
他を見つけたものの、たまたまその日は日本人の先生が不在の曜日。
初めての病院なので、一応英語の出来るパパに、出勤を遅らせてついてきてもらう。

早朝、いままでに経験のある症状が出たので、
すぐに、その症状の説明をドイツ語でも説明できるように、必死で調べてみる。
けっこう日本で薬のネーミングに使ってる、ドイツ単語があることを発見。

受付を済ませて待っていると、さらに別室で待たされる。
締め切っている小部屋。明るく小ぎれい。
もうひとり外国人男性がすでに待っていた。
これがけっこうな時間待たされた〜

診察室に移動しても、さらに待たされ、
やっと先生が来ると、
始めに握手と紹介からはじまる。
すごく丁寧に説明してくれて、なんかのんびりだ(笑)。
結局「膀胱炎」。(食事中の方ごめんなさい。)
「毎日水を2リットル飲んでくださいねー」とアドバイス。
引っ越しと暑さとで疲れていたのが、こんな形で出たらしい・・・。
「夏の終わりには多いんですよ〜」だって。
「夏の終わり」っていうのに、つっこみを入れたくなったけど
ドイツでは、もう夏も終わりなのか〜?
いやしかし、のんびりしてて、こりゃ次の人は待つはずだ〜
(・・・日本のお医者さんって、結構ササッて終わるよね?)

病院ではお金は支払わない(保険で後処理みたい?)で、
日本と同じように処方箋をもらって、
近所の処方箋薬局(アポケテAPOTHEKEという)へ行って、薬をもらう。
薬だけは、その場で支払い。

アポケテは処方箋以外にも、ドラッグストアと病院薬の間の商品群も揃っている感じ。
メディカルハーブティー(ドイツ人は病院に行く前に飲むというハーブティー)とか、
ドクターズコスメとかずら〜っとある。
大小あるが、大きいところは自然食コーナーなどもあるよう。

虚弱体質の私には、とーっても興味深い所なので(笑)、
元気になって時間があるときに、今度じっくり観察してみようと思う。
[PR]
by maki2008maki | 2008-07-04 18:00 | 郷に入れば
<< どこもかしこも、さくらんぼ。 ドイツの幼稚園 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧