ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

乳歯が抜けた日

e0128393_1142931.jpg














ムスコの1本目の乳歯が抜けました。
7歳と数ヶ月になってやっと・・・。
ムスコに感想を聞いてみると「やっとだよ〜って感じ」と一言。
5歳である自分の妹の友達たちも、もう次々へと抜けていくのに、
お兄ちゃんである自分は1本も抜けてないし、グラグラする気配もなくて、
私には何も言っていなかったけど、
正直、ずっと、かなーり焦っていたようでした。

ドイツの言い伝えによると、
「抜けた歯を枕の下に入れて寝ると、妖精がやってきてコインまたはお菓子と交換してくれる」
らしいんです。
これをムスコは本当に楽しみにしていたので、もうドキドキ。
夜中、何度かハッと起きては、寝ぼけながらも即座に枕の下を確認してるので、
妖精のお使い(?)である私もドキドキしました(笑)
乳歯は無事にコインと交換されました。

ムスコはコインを見ながら、何度も何度もうっとりと
「妖精ってどんななのかなぁ〜」と聞いてきてかわいかったです。
少しだけ、大人に近づいたね。
この時期の子供の「期間限定の歯抜け笑顔」、好きです(笑)

抜けた歯は、
ドイツ製の乳歯入れにこっそり入れておくことにしました(冒頭写真↑)
[PR]
by maki2008maki | 2009-09-22 01:14 | 子供のこと
<< 押し花専用プレッサー ドイツの子供万年筆 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧