ドイツ暮らしで見つける、小さなたのしみ。


小さな楽しみを、たくさん見つけていきたい。とりとめのない日々の記録。
by maki2008maki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リバティプリントを買いに

e0128393_1623479.jpg


















ロンドンでのフリータイムは何をしていたかと言うと、
ちょっと街のはずれの方にある生地やさんへ行ったりしました。
思ったよりも遠くて、フリータイムのほとんどを使ってしまいました。

イギリスと言えば*リバティプリント。
ここによると、正規の価格より、だーいぶ安く買えるらしいんです。
トルコの人やインドの人などが多い生地問屋街のような雰囲気の様子に、
ロンドンにいることを忘れそうでしたが、
お店までの道のりは、イギリスっぽいきれいな住宅街で、
歩いているだけで楽しかったです。
余談ですが、
イギリスは深めのグリーンや紺色のイメージがあったけど
今回の街歩きでは、窓枠やドアに使われている青紫色が目につき、惹かれました。
ドイツでは使われない色だなぁー。

お店には、リバティプリントの生地はあったものの、
種類はそう多くはありません。
それでも破格値に、思わず沢山買い込んで、ずっしり・・・。
インドのサリーの生地や、アフリカの個性的なプリント生地など、
ドイツや日本ではあまり見かけない布地を見るだけでも面白かった!

帰り道、何を作ろうかなーとワクワクするものの
生地ばかり集めてしまって、まともに作ったためしがない!と気付く私(苦笑)
とりあえず、子供のお弁当包み(ただの四角!)でも縫おうかな〜?
ムスメの簡単なスカートくらいは、縫えるようになりたいものですよね〜。


*リバティ・プリントとは・・・
ごく小さな花柄を布面にびっしりと蜜に配した全体柄のことをいう。
リバティ・プリントは遠くから見ると無地に見えるほどの密集率の高い、極小花柄プリントのこと。
その名の由来は、1874年にロンドンに設立されたリバティ社製の花柄プリントを、
こぞって真似て流行したことからの呼び名であるが、
プリント柄自体は、ほとんど一般名詞化しているほど流布している。
初期のオリジナルプリントは、アールヌーボー様式を強調した精緻な花柄だったが、
今では、花柄の精緻さよりも、密集しているプリントを呼ぶようになった。
[PR]
by maki2008maki | 2009-07-03 16:30 | ○イギリスへ
<< 丸いティーバックとゴールデンシロップ 白亜の断崖と緑の丘 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧